ベルマークは理念こそ高尚だけど、もうこれからの時代にはそぐわない

東洋経済に掲載されていた下記の記事、

かれこれ四半世紀ほど前、まぁ、自分もベルマーク集めは好んでやっていた気がします。財団資料のグラフが記事に差し込まれていましたが、ほぼこのMAXな時期です。
未だにあるんだということは、コンビニで菓子とか買うときに感じるのですが、いよいよそのシステムを継続するのに限界が来てはいないだろうかと感じるわけです。

もっとも、PTAというのが基本的に専業主婦(ないしは主夫)であることを期待している様におもわれてならないのですが、日本の実状は共働きでなければ、満足な生活が厳しい世の中になりつつあると思われます。ましてや、シングル親というのも当然のようにあり、もう、PTAって人間利権団体のような感じもしなくも無いです。

「ベルマーク集計のために、有給休暇をとらなければいけない親。その分の金ぐらい寄付するから勘弁して欲しい。」

これって、スゴイ経済的には的を射ていると思われるのです。だって、フルタイムで働く人が一日有給休暇を取ると、その対価は低く見積もっても1万円程度でしょう。でも、このチマチマした活動から得られるものっていくらですか?

もちろん、学校設備の充実とか他の学校等への支援とか理念はとても高尚です。しかし、このご時世に親にこんなことまで頼り切る頭がそもそも腐っています。

私は、ベルマーク活動自体を悪いこととは思いません。今後もやれば良いと思います。しかし、そこにやみくもに親を巻き込むものではありません。自分たちの学校をもっと良くして、他の大変な学校も応援する。そのためにベルマークの付いた商品を積極的に選ぶ(どこぞのエコキャップみたいに理念や消費者との約束がズレてないので良いです)けど、ベルマークの集計や送付などは、子どもたち自らが率先して行う。

たしか、自分が子ども頃は自分たちで集計とかしていた気がします。小学校に色んな委員会があって、その中にベルマーク委員会ってのがあって、彼らが頑張っていたと思います。それで良いと思いますし、そうあるべきです。親を巻き込んでいる時点でこの事業は破綻していますし、それを良しと考えている親や学校関係者、教育委員会や自治体関係者は、頭が腐っているとしか思えません。

ベルマーク批判の背景にあるPTA批判を見ながら、そもそもなんか違うんじゃないかなーとか思ったのでありました。

Aterm WR9500NでChromecastをセッティングするときのポイント

Chromecast年末にdアニメストアをテレビで観ようと思ったら、Chromecastが良さそうだってことを理解して、当初は使えないなとか思っていたこいつを衝動買い。

セッティング自体は上手くいったものの、ところどころ思い通りにいかず、動画再生も安定しなかった。その後、色々確認したところ、致命的な問題に気付いたので、備忘程度に。

Aterm WR9500Nも買った頃は価格.comでも評価の高い製品だったので、持っている人も多いはず。

まず前提の我が家のWi-Fi環境
1. 2.4GHzと5GHzを併用・・・ちなみにメインは5GHz
2. 基本的にSSIDはステルス(来客用にネットワーク分離したブロードキャストしているSSIDもあるけど)

今日分かったこと。概ねこの2点を注意しとけば、何の心配も要らない。
1. Chromecastも一緒に使っているAndroid(ASUS Zenfone5)も2.4GHz帯でしか使えない。
NEXUS7は5GHz帯使えるんだけどなぁ…なんでだろう…。
2. ルーター側は必ずTVモードを有効にする。

動画のストリーミングなんてもともと使う気も無かったから、TVモードは無効化していたのだけど、これを有効にしないと、再生が相当安定しなかったので、ここは重要。

家のエアコンをプロに掃除してもらう-業者探しなど-

 

エアコンの吹き出し口から奥をのぞいてみたら真っ黒い物があちこちにこびりついていた。。。。
おおよそ数ヶ月前ぐらいの話なのだけど、それからタイミングを見てエアコン清掃をしてもらおうと考えつつ探しつつ、だらだらと時間が流れてました。

探してみると簡単に見つかるだけでも大量にあったのだけど、今回は、風呂清掃もお願いしたかったので、その組み合わせが出来るのが次の3つ。
ダスキンエアコンクリーニング 税別11,810円
おそうじ本舗 エアコンクリーニング 税別11,000円
・カーマ エアコンクリーニング 税別10,000円
今回、値段ってところが大きいのだけど、まぁ、行きつけのホームセンターのサービスだし、そんなにハズレは無いだろうと思って、カーマのサービスでお願いすることに。

エアコン掃除中これは、実際の清掃風景。どこも写真を見ているとそうなのだけど、十分な養生をして、作業をしています。液剤が二つあるのだけど、一つは洗剤、もう一つは防カビ剤の入った水。
洗剤を吹き付けて汚れを落として細かいところはハケなどで細かく落とす。
終わったら今度は水を通して洗い流す感じ。別途フィルター等も清掃。

で、こちらが収穫物。
エアコンクリーニング後の成果物エアコンが2台あるので、手前のは2台目、奥のが1台目のもの。どちらも墨汁の様に真っ黒。この中にカビやホコリが入っていて、今までそれ越しに冷風にあたっていたと思うと少々ぞっとする。

夏しかフル稼働しないにしても、5~8年とこんな掃除をしたこと無かったので、なんともビックリ。
掃除中にスタッフの方に伺った話、3,4年に1回はやると良いらしいとのこと。

この後、風呂清掃もしてもらい、床、壁、扉、浴槽はエプロン内側まで自分ならやれないところまで隅々キレイにしてもらいました。色々な洗剤と道具。汚れの種類で道具も変わるということで、こりゃ素人には無理な話だなぁと痛感。

さて、今回のお掃除、合計3万ちょい。十分お値打ちです。お支払いは完了後にカーマに行って。
年に1回ぐらいのタイミングでお願いしよう。今度はキッチンをお願いしてみようかな。。。

個人情報、盗られるベネッセ、それを利用するジャストシステムの残念な様相

2,070万件の個人情報が漏洩、ベネッセ的には盗まれたと言いたいのだろうが、ここ数年の事故では最大級じゃないかな。前代未聞の規模。相当話題になったジャパネットでも最大66万人(可能性として)、Yahoo!BBが450万人だったから、その規模は想像を絶する。
※追記:SONY系の全世界億単位の漏洩がありました。外部からの攻撃ではありましたが。

そして、運悪くなのか分かっていたのか別として、名簿屋を流れて掴んだのがジャストシステム。自らが提供する競合サービスの勧誘に使いまくっていたようだ。

発覚して面白いことに、市場の評価は両者とも株安になったが、ベネッセが約5%下落に対して、ジャストシステムは約15%とストップ安。今後の影響が大きいのはむしろベネッセなのにこの差とは。

個人情報の漏洩で注意のウエイトは外部からよりも内部からというのは定説中の定説。外部から不正アクセスやウイルスはもちろんあるのだけど、たいてい基本的なネットワークセキュリティやクライアントセキュリティを施しているはずだし、時々Webシステム環境がアホすぎることによる事故はあるけど、よほどケチるとか素人が作らなければ心配は大きくない。作り手にも常識というものがある。

そうなると、内部から悪意を持って持ち出されるか、内部の者が注意散漫で紛失するかの二択になる。そして、あんまりここへの対策が進んでいなかったりするもの事実。
教育からルール、規制、監視など人間的、機械的、規則的?な方策を尽くしているべき。先に挙げた過去の事例ってのも10年前の話。いい加減勉強しろよと感じる。

とりあえず、ベネッセ様のおかげでネットワーク系SIerは情報漏洩対策ソリューションのバブルが訪れることでしょう。私も忙しくなりそう。

さて、話を元に戻して。。。市場がベネッセよりもジャストシステムに対して厳しい評価をした。これは裏返すと、事故を起こしたベネッセも悪いが、おそらく知っていて利用したジャストシステムはもっと悪いという、企業倫理に対する評価がこの差を生んだのだろう。

漏れ聞こえた話では、進研ゼミを叩いてスマイルゼミを売ろうとしたとかしないとか。
普通に考えれば分かる話なんだが、たかだか10年そこそこ頑張ってきたジャストシステムのサービスごときが、40年以上の歴史と実力と変革をもって育ってきた進研ゼミに勝るわけがない。もちろん人間相手なので向き不向きでスマイルゼミが良い場合もあるだろうが、一般的な感覚ではあり得ない。

苦し紛れに競合最大手の個人情報を盗み出し、名簿屋を経由させることで個人情報ロンダリングして入手したんだろうなぁと疑ってしまうあたりが自然かもしれない。

さ、て、ここからは個人情報の専門的な話題。
ベネッセにしてもジャストシステムにしても幸か不幸かプライバシーマーク取得企業。これが何を意味するか。このような問題に対して逃げ隠れが出来ないということ。ベネッセはどう追求していくか、ジャストシステムはどう言い逃れるか。
今回は運が悪いことに、ベネッセに個人情報を提供した個人の方々がベネッセにだけ出したという情報にジャストシステムが引っかかり、足がついた。

ベネッセ的には原因追及と今後の対策、当事者に対する処分と被害者への謝罪対応と数が数だけに面倒なことはこの上なく、おそらく関係部署の眠れない日々が容易に想像ついてご愁傷様と過去の経験から思うばかり。

問題は使っちゃったジャストシステム。こちらはどう出るか実に見物。
個人的にはATOKで大変お世話になっているので、なんとか誠実に頑張って欲しいと心から願うのだが、ここは冷静に様子を見ていることにしようと思う。

auの『カケホとデジラ』を契約する前にやっておきたいこと

カケホとデジラ
先日、ついにauが満を持してというか、後出しの後出しじゃんけんで出してきた電話定額サービスとデータ通信細分料金制『カケホとデジラ』。
BYODでかつ、フュージョンの料金振り分けサービスを使ってきた自分としては、ドコモが発表して以来、いっそドコモにMNPしてやろうかとか画策しつつ、iPhone 5Sの残債の重しと別にauで困ってないじゃんという現実に、いつauは追随するんだと指くわえて眺めていました。

実は、会社の社用携帯のことなど総務な仕事もある関係で、料金見直しというのがしばらく検討事項として続いていた関係で、今回の発表直後から色々と情報を調べていて、概ね活用方向性が見いだせたかなということで、ちょっとまとめてみました。もし、検討中の方は参考にしてもらえるとうれしいです。

  • 申込する前にauお客様センターに電話して確認しよう【これ一番重要】
    電話料金の部分は毎月の明細で分かりますが、実はくせ者なのはデータ通信の方。多分、自分はこれぐらい使ってるだろうなぁ~と思っている通信量はほぼ間違いです。
    今までの7GB定額で、一体どれだけの人がオーバーしたでしょうか。速度制限を受けたでしょうか。
    さて、このデータ通信量、当月分はマイページで確認が出来ます。しかし、過去数ヶ月分とかになると、実はお客様センターに電話しないと答えてもらえません。請求書にも書かれていないのです。(昔は書いてあったような気がしたけど、あれはパケット数だっけ)
    「過去数ヶ月分のデータ通信量を教えて下さい」と言えば、係の人が頑張って電卓をはじいて答えてくれます。私の場合は、1.5G~2.5Gでした。あれ?意外に少ない。たしかに動画とかゲームとかあまりする人ではないのですが、思っている以上に少ないということに気付くはずです。これでプランを検討できます。
  • プラン変えたら戻せないから決断は慎重に(特に電話使わない人たちに告ぐ)
    スマホのZプランはこれになって以降、そのうちなくなります。そして戻せなくなることが想定されます。ほとんど電話せずデータ通信ばかりの人には電話基本料分2,000円近く上がることに気付くべきです。
    もちろん、電話しまくりの人には涙が出るほどウレシい話なのですが…。
    またガラケープランでも、無料通話付きを分け合うようなプランを使っている場合、乗換メリットが無いかもしれない可能性があります。
    そして、050+などのサービスを使っている人も通話料次第では、メリット出て来るかもしれません。
    と書いていてふと思い出した。これ、海外での電話とかはかけ放題に含まれないんだった。海外から電話する機会のある人は、050+解約しちゃだめですよ。要注意です。
  • ガラケーのパケット通信は定額orNOT(ダブル定額とかと組み合わせられなくなります)
    ガラケーユーザーでメール転送など使っている場合、パケット通信量に注意が必要です。電話オンリーまたは電話しまくりパケットしまくりの人は全く悩みませんが、それ以外の人はパケット通信の度合いについて確認しておく必要があります。もしこのプランに移ると、パケット定額無しのプランでは、完全従量課金のため、とんでもないことが起きる恐れがあります。

さて、私の社用携帯の方ではどんな事を考えているか。

スマホ組については、データ通信量を見極めて平均通信量ギリギリぐらいのプランにするのがイイかなと考えています。その上で時々オーバーする月にはデータチャージでやり過ごせるだろうと。もしくはモバイルルータと併用させて回避させるとかでいいかなと思っています。
なかなか細かい容量設定をしてくれているので、これがリーズナブルかなと推察しています。

ガラケー組が結構難しい。電話・パケットMAX組と電話オンリー組は答えが早いのだけど、問題はそれ以外。パケット通信の状況を慎重に見極めないとんでもない選定ミスをしてしまいかねない。また、電話がさほど無ければ、現状のプラン(無料通話月+ダブル定額)維持が良い場合もある。このあたり総務担当者の悩ませどころになりそうです。

ちなみにデータ通信は、MVMOでモバイルルータです。会社の場合は4,000円/月を下回るぐらいでLTEタイプのものを使っています。今、必死になってau契約のルーターの解約剥がしに精を出しています。

ところで、『カケホとデジラ』ってネーミング、酷くダサくないか?と思ったのは気のせいでしょうか。特に「デジラ」。データ自由ライフの略語らしいですが、別に自由じゃ無いけど…と思ったのは気のせいですかね。

我が家の料理酒 秋鹿 千秋 純米酒

20140601-205500-75300485.jpg

台所の料理酒を切らしたので、行きつけの酒屋にて補充。
愛知の蓬莱泉、島根のこなきとどれにしようかと迷っていたのだけど、秋鹿はまだじっくりと飲んだこともなかったので、選定。

日本酒好きが聞いたら怒りそうだけど、呑めない料理酒は、実に減らない。それはそれで困るので、呑めるものと言うのが大前提。するといちばん安いのがこうなる。

実際飲んで見たら、ゆるゆるな酒。常温よりは熱燗の方が楽しませてくれる感じがする。

とあるラディオスター(局アナ)とレディコ(radiko)の話から

今日から、radikoで全国の番組を聴ける、有料サービスがスタートする。
そんな折、東海ラジオ「源石和輝モルゲン!!」の週末のツイートアンケートの集計結果の締めで、パーソナリティの源石アナが投げかけた二つの意見
あまりに色々思うことがあったので、さらに投げかけてみることにした。

源石アナABの意見に対して。AかつBみたいな立ち位置になるかな。
電波を使った放送には規則が存在する。それは放送エリアを定めたりもする。仮にこれが取っ払われたとして、今度はスポンサーがいる。
圏域があるから各局はそれなりにスポンサーをシェアできていたのでは?その形を維持しつつIPサイマルにシフトさせたのがradiko。
radikoの筆頭株主がどこか知っているだろうか。比率こそ不明だが、すなわちそういうことではないだろうか。その枠組みで生かされている限り、エリアフリーはあり得ない。そうでなければ、全国のラジオ局はとある大手スポンサーを奪い合うことになる。テレビの全国ネットばかりのそれと同じだ。
さて、radikoは裾野を拡げ、機会を拡げたであろうことは否定しない。しかし、ラジオ広告収入を何とか維持するためのチャネルでもあろう。radikoの背景にどんなことがあろうとも、よりクリアにラジオを聴ける手段を開発したことを非難すべきではない。

なぜなら、それが無ければ何も無かったのだから。

ラジオ、それ自体の本分は、別にこれからも無料であろう。有料の部分は、あくまでラジオ好きのためのプレミアムサービスだ。
これまで、不正radikoであったり、アンテナを工夫したり、ノイズの中を耳で聞き分けていったり、そんな努力だったりの果てで聴いていた、あの遠くの番組を簡単に聴ける。ただそれだけではないか。

有料サービスを非難する前に遠くから有料でも聴きたいと思ってもらえる番組作り、それはタレントに頼らなくてもできるということは、東京であれば、TBSラジオの日曜天国が証明していると言える。規模は違えど、モルゲンだって朝PONだってそうだろう。共通していることは、メインパーソナリティが局アナであるということだ。

素質はある、材料はある、あとはどう料理するかだけだ。リスナーに求めるは味の評価。
どう「美味しゅうございました」と言ってもらえるか、それだけだろう。
本当にダメだったら、消えるしかない。そう、かつてのRadio-iのように。
閉鎖的にするのもしないのも、それは各ラジオ局なりラジオ番組次第ではないか。

ただ、ラジオの決定的欠点は「ナマモノ」であること。手段はあるのだが、もっとも記録しづらいのもラジオだ。その点だけは、他のメディアよりも劣ることを理解せざるを得ない。もちろん、番組の有料切り売りもあるが…。

民放だけがスポンサーや広告代理店の意向に左右されているわけではない。新聞、雑誌とて同様。かのNHKだって、国民から受信料を取っておきながら、時の政権の意向に左右されかけている(というか、ほとんどされてる)。

直接、間接問わず金払おうが払うまいが、マスゴミはマスゴミ。
マスゴミをマスゴミたらしめているのは、その受信者である国民のリテラシーそのものである。
本当のマスゴミは倒産してしまっても構わない。例えば放送局が消えても良いと思えるか。
放送局が消えることに対して、散々社会的意義で批判があったが、国民に支持されなかった。ただそれだけだ。
休廃刊される雑誌類が多いのも同様。そのうち新聞も似たようなことになるだろう。
国民の情報リテラシー教育が徹底されると、いずれテレビにも同じことが起こるだろう。

さて、金払ってラジオを聴くか?
報道機関としての価値を取るか、それとも地域の文芸メディアとしての価値を取るか。
その立ち位置で意義はあまりにも変わる。
前者であれば意味は無い。なぜならゴミだからだ。それにどこでも同じだ。事実だけなら。
まぁ、沖縄みたいにどうやったらこんな偏向・ねつ造めいた報道ができるのだ?と、言論人の倫理観を疑いたくなるものもあるので、何とも言えない気持ちにもなるが…。
新聞のように、地域が違えば、局が違えばと思うが、なにせスポンサーとメディアの間で牛耳っているのが、広告代理店だから、まぁ、無理だろう。

これだけ言っても、ラジオは好きだ。三陸沿いを旅した折、ある民宿のお婆からは、ラジオ付けて行くんだよと強く言われたことを覚えている。そうでなくてもラジオかけまくりだが。
だって、その地域社会の空気を感じられるという楽しみがそこにはあるから。

一部全国有料配信されるradiko。それより前から東京、名古屋、大阪の放送が無料で流れているNHK。無料の各エリアの民放ラジオ。さて、これからるどうなるかが楽しみだ。
とりあえず、スマホでUSENをいつ解約してradikoプレミアムに乗り換えるか。それが少々悩ましい。

オリンピックのルール変更と柔道に感じる日本のバカな頑固さ

上村愛子4位に終わったカラクリ 「採点基準変更」に負かされた : J-CASTニュース

日本がメダルを取れないのは、日本がメダルを取れないようにルール変更がされているからというニュースは、別に冬の五輪に限らず、夏でも、他の大会のニュースとかでも良く聞かされる。
いつもこういうニュースを聞くと、日本いじめのような印象にすら感じさせられることもするのだが、毎度感じるのは、なぜ「ルールを作る側」になれていないのか?ということだ。選手として活躍しているのであれば、競技団体側でも活躍すべきだろう。

そんな話をしていて思ったのは「柔道」。JUDOと柔道は似て非なるものらしいが、日本はことさら古武道よろしく柔道を世界に要求し続けている。文化国家たる日本としては、なんら間違いでは無いのだが、世界の事情はどう考えても違う。世界の柔道は紛れもなくJUDOであるわけなのだから、そのフィールドで良いようにすべきだ。

そして、オリンピックは参加することに意義がある一方、メダルを目指してナンボなわけで、ルールが変わるのであれば、それに柔軟に適応させるのが当然。自分の信念を貫くというのは、いかにも格好良く聞こえるが、それではナントカに勝って、ナントカに負けると言う話そのままだ。

別に竹田某のような国家主義的というかどこかの独裁国家的な思想は求めない。まぁ、メダルを噛むとかいう経緯以前になんか汚いような、ワイドショー主義全開のマスゴミメディアの煽動には是非とも付き合わないで欲しいとも思うわけだが、そんなメダルも取れてナンボ。是非とも試合に勝つためのプレイを期待したい。

ご当地ナンバー「春日井」の無意味さについての実践的批判

昨年末、車を買い換えた。7年落ちになるプジョー307からマツダ プレマシーに。
車的事情は正直大いにあった。輸入車なんで…的な。あと、消費税も。その中で大きな要因の一つにあったのが「春日井ナンバー」問題だ。

昨年末、正式に決まったこのご当地ナンバー。来年度から強制される。春日井市に置く車に限り。

杉並ナンバーは、このことで訴訟になった。そのニュースは、当時他人事のように聞いていたのだが、まさか同じ事が起こっていたとは…。

もともと、この地域は「尾張小牧」ナンバーである。
しかしこのナンバーになる経緯には、当時のあまりに利己的で我儘な小牧市長と周辺自治体との間に繰り広げられた対立がある。
細かいことはWikipediaなりGoogleなりに聞いていただければいいだろう。
その後、ご当地ナンバーが始まって、西尾張に「一宮」ナンバーが出来て離脱した。次が春日井なわけだ。

そんな因縁しかこのナンバー成立には理由を見出せない。

それ以上に無意味で無価値であることを、考えるべきである。これはその一考察である。

1. 個人のプライバシーは凡そ考慮されていない
このナンバーの最大の特性として、春日井ナンバーの車は春日井市内にあると、宣言しているのだ。
普通はもっと広域なのだが、限定されてしまう。杉並ナンバーが揉めた大きな要因だ。

重要なこと。春日井市民は来年度から尾張小牧を選べない。

一方、事業用車両はどうだろう。
まぁ、悪くはないと思うが、特にブランド価値にはならないだろう。自己満足には浸れるだろうが。むしろ名古屋の方がいい。地場の企業だと感覚は違うが。ムラ意識の世界である。

2.事故件数の高い市春日井の宣伝
いつぞやの警察の話。春日井市は県内でも事故件数が多いらしい。
そんな春日井を掲げて走るということになる。
どうも尾張小牧や名古屋ナンバーは運転が宜しくないという噂も聞く。
中の人である私には、ピンと来ないが…。

実は運転が荒い尾張小牧、真相は春日井だったなんてことが証明されないことを願いたい。

一方、市としては観光など経済効果に繋げたいという思惑がある。
ただ、観光と言った場合、悲しいかな、小牧以上に観光資源に乏しい。小牧なら半日ツアーもできるだろうが、春日井でそれをするのは苦痛でしかない。内々神社と他に何があった?そしたら、こんなサイトがあった。
やっぱり、難あり。行ってみたいというワクワク感がどうも起こらない。

ご当地ナンバーで経済効果?

どこでどういう思考回路を巡らせたら、春日井市にご当地ナンバー経済効果が訪れるのか、言う人が居たら是非教えを請いたい。

3.春日部の偽造ナンバー?
外ではこの声チョイチョイ聞こえた。
何せ向こうの方が知名度あるし、残念なことに一文字違い。

是非、春日井ナンバーを取られた車に春日部エリアを快走して頂きたい。

まとめると、無意味なことに税金つぎ込みやがってというのが正直な感想である。
ナンバー不足など具体的な課題もなく、一自治体の浮かれ根性で無駄に税金を使う。
別に財政が裕福でもなし、くだらん妄想に付き合わされる筋合いは無い。