駆け足でお伊勢参り

Spread the love

出張も兼ねて鳥羽と伊勢まで軽く旅してきた。
なかなか遠い(といっても浜松とか行ってるので大差は無いはず…)ので、あまり行こうという気力がわかないものの、お伊勢参りはしたいと思っていたところで、仕事もあったのに合わせて行くことに。

伊勢志摩ライナー.jpg

ということで、近鉄の伊勢志摩ライナーで直行。JRで行くこと考えたら特急で往復できるキップ(前の日記)も手に入ったので、どうせ乗るなら乗ったことない電車にしようと。
近鉄の特急は、この前に22000系にちょい乗りして以来。ガッツリと乗るのは、おそらく10年前ぐらいにアーバンライナーで難波から帰ってきて以来だと思う。

伊勢志摩ライナー_先頭席.jpgさて、どうも、パノラマビューのありそうな電車に期待することって「展望席」だと思うのは、名鉄族のお約束なのだろうか。パノラマカー、パノラマDX、パノラマスーパーと「展望席」は仕様とすら思っていたので、最前席を勇んで取ってガックリ。

こんなんだったら、別に最前席でなくてもいいじゃんって。

 

伊勢志摩ライナー_展望デッキ.jpgその扉の向こうにあったのがこの展望デッキ。運転台眺めながらの眺望も、実はなかなか悪くは無く、しばらく眺めていたものの、さすがに立ち見席なので、15分程度でもういいやと席に戻って仕事を再開。(遊びに行ってるわけではなく、あくまで仕事!!)

で、2時間しないぐらいで最初の目的地「鳥羽」に到着。こちらは仕事。何をしに行ったかはいつかご紹介できるといいかなとは思えど、会社では自分しかやらないような自分らしい内容。

昼食取る程度の時間は確保していたので、食べログに紹介されていた「大家族」に。

大家族_入口.jpg食べログの評価を期待して行ったものの、なんか喫茶店を無理矢理飲食店にした外装は、大丈夫かなぁ~という気に。
ただ、ここ以外の選択肢をまったく調べてなかったので、さっさと店内に。

大家族_店内.jpgまっ、こんな感じ。テーブル席と座敷。洒落た感じはまったくなし。
今回はちょっと奮発して2,000円のコースを。


大家族_料理_揚げ物他.jpg
「でっかな海老フライ」
・・・身がパンパンで食べ応えは十分。
知多でこういうのを食べる時も思うけど、「でっかな海老フライ」ってのは定番なのだろうか。
個人的には、定石として理解して育ってきているせいか、何も思わず、やっぱりかというぐらいで。ちなみに知多だとワタリガニってのも定石にリストされる。


大家族_料理_焼かき.jpg
「焼き牡蠣」
・・・正直これ狙い。土鍋で蒸し焼きにするとのことで、磯の香りがガツンと攻めてくる。


大家族_料理_刺身.jpg
「ブリとイカの刺身」
・・・ブリは脂がのりまくって最高。イカも歯ごたえがしっかりしていて良い味してた。

個人的には、酒飲みたいと思ったが、さすがにスーツ着てるし、これから仕事だし、、、昼間っからはガマンですわ。

大家族を出た後、向かい側の売店で生の茎わかめが売っていたので、仕事の帰りに購入。

伊勢市駅前からの参詣道.jpg仕事も片付いて、さてこれからお伊勢参りと思っていたら、この日は5時半には閉じてしまうとな。両方お参りするのはあまりに厳しいということで、外宮だけにすることに。
そしたら、伊勢市まで特急券を買うはずが間違えて五十鈴川になっていた。何を勘違いしたことか。。。
なんとか五十鈴川で普通に乗り換えて伊勢市へ。さすがに平日、それも閉門30分前なので、参詣道の面影などというものはどこにもなく、とりあえずまっすぐ進むことしか思いつかない。

伊勢神宮_外宮_入口.jpg伊勢市駅からは5分程度で入口に到着。
後はさっさとお参りに行くだけ。ところで、大鳥居をくぐった途端に変わる空気感。
いつ行っても神社というものは何か違うものを感じる。

伊勢神宮_外宮_御正宮.jpg御正宮到着。中は撮影禁止らしいので、ちょっと控えめに。
神社でお参りするのにあれやこれやお願いするもんじゃないって誰かが言ってたな。。。

この後、土宮、風宮とお参りして、神楽殿で御朱印をもらって、さてこの後どうする。。。
既に5時半はまわっているので、内宮は閉まっている。
でも、行くだけ行くかってことで外宮前からバスに乗る。

 

伊勢神宮_内宮.jpg当然、お約束ながら鳥居の向こうの橋は渡れない。
なので、辿り着いた証拠程度に写真に収めてみた。

次の機会には、内宮と別宮に行ってみようと思うが、どうせ行くならスーツでなく私服で行きたいとは思う。

そういえば、きっぷについていた赤福サービスを結局使わずに帰ってきてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください