auピタットプランにする前に&フラットプランも考えてみては?

カケホとデジラが出た当時、喜び勇んで乗り換えた私ですが、今回のauピタットプランは、少々微妙な印象に様子をうかがっています。

電話とデータ通信が一体化されたこと自体は非常に評価されるべきことなんですが、Webサイト上の説明が非常に分かりづらい。
そこで、現時点で考慮しておくべき事項について、覚書の酔えに記載しておこうと思います。

まず、自分がプラン変更で得になるのかどうかは冷製に検討しておくと良いでしょう。
auウェブサイトの説明は非常に不誠実です。正直詐欺紛いといってもいいのか?とすら思います。

料金比較にあたっては、キャンペーン割引とスマートパス割引を除外して検討しましょう。
キャンペーンはAndroid系での新規か同じく機種変更しか相手にされていません。また、スマートパスは固定回線まわり条件が制約に加わります。

さらにスマホを分割割にして毎月割が適用されている人については、これが無効化されてしまいます。

このあたりがauのアナウンスを不誠実としている大きな理由です。

さて、それを踏まえた上でこのプランを見たときの私の印象は、データ通信利用量連動の従量課金制とみました。
一定ラインを超えたら、そのラインでの最安値を提供するという、昨今のネカフェで見かける料金プランです。
私は、この料金プランに乗り換える前には、一度自分の請求内容について、詳しく見返し、その上で変更を検討した方が良いと思います。

 

2017/12加筆の後日談
フラットプランにしました。
分割払(毎月割)が終わって、それまでくっつけていたタブレットの契約も解約した結果、データ量が元の2GBに戻ったわけですが、2年の間に外でのネットの使い方が変わっていたようで、データ量が足りず追加しました。
そのとき、ピタットを検討に入れたのですが、3GBまでならお得なのですが、5GBまでになると、その差20円。それを超えると逆転します。
20円保険で、20GBまでなので、どんな使い方でもいけると考えたら、こちらを選ぶしかありません。実際、5GBを超える使い方が想像ついてません・・・。

もっと大学や専門学校で労働者教育(法律とか)しとこうよ

へぇ〜ついに36協定見直しで残業時間の上限設けるってか…
それ以前に自治体のブラック雇用は是正しないとな…。タチが悪すぎる。というか、民間と同じ基準にしてやればどうだ。いっそのこと。

さて、求人、雇用のことでふと思い出したことがある。こっからえらく長文ですよ。

手前味噌じゃ無いけど、自分の所属してる会社は、おそらく働く子育て女性にはとても優しい雇用制度の会社だと思う。
それは過去のイタイ経験からかもしれないけど、他社の様子をうかがい知る上ではそう。

ただ、働く社員の意思とか意欲とか向上心がやたら求められるから、誰でもってわけでは無いかもしれないけど。

WEB屋とかシステム屋とか、中小で求人出してるところで、残業代全額支給を謳い文句にしたところを見たんだけど、アタマおかしいのか?と思った。
そういう会社には、労働関係の法律を読んでから言えと言いたい。おそらくどれだけ恥ずかしいことかが分かる。

法律にちゃんと従っている
それはセールスポイントにはならない。というか、できてなきゃ訴えられるぞ‼︎って話だ。
こう書きながらうちの採用ページ再確認したけど、要項の中に一文ボソリ。それが限界だよ。

残念なことに気付かない若者が多いからいかんけど、それぐらいは知ってるべきだし、大学や専門学校の授業にちゃんと労働者としての法律知識として、命を守るためとして、カリキュラムに入れるべきだとすら思う。
まぁ、そのことは自分が大学にいた、もぅ20年近く前に、労務管理の講義で最初に先生から言われたことだった。当時のあの先生は、自分のアタマにはアニオタとしか映ってないけどww。

それもあって、大学時代は必要以上に法学部の講義を取ってた記憶もあるけど、けっこう今の仕事で活きてる。

あ、全力で脱線したけど、技術を学ぶのも大切だけど、もう少し社会常識として、自分の大切な命を守る術として、法律を学ぶべきだと思う。
バカな会社と愚かな経営者に騙されないために…。

ただ、管理職と言ってる連中も、そこまでわかってるわけでも無いことが多いから、要注意。

さて、もっかい手前味噌。
うちの会社、テレワークも充実してる。開発SEだって活用する。子育てとかあるとそこの微妙なシームレスなところがフォローできるじゃない。

独身貴族の自分も堪能させてもらってる。某社の”旅する支社”ってフレーズ、自分にはとても憧れなんだけど、ぶっちゃけ実践してる。

人生が旅だけど、仕事道具カバンに入れりゃ、海外だってなんのそのって感じで。まぁ、会社に甘えさせてもらってるんだろうなぁと思うけど、海外旅行中に仕事しますがな。その代わりフラッと消えますがね。

今のところ、上海旅行中に案件対応で数時間ホテルに篭ったとか、ベトナムツアーのバスの中でサイトの更新対応で、実はクライアントが、ツアー主催者のスポンサーだったとか、独り身でなければ、結婚とかしてたら即離婚だなと思うことありますけど…囧rz

てな感じで、うちの会社、経営側も労働者側もそのあたりの意識はそこそこ高めです。
権利があれば相応の義務とかある。そんなに生易しくはない。SES(自分には偽装派遣みたいなものとしか理解してないが)の業者にも正直厳しい。だから、人いないんだよって思うけどwww。

まぁ、そんな感じで、うちの会社も求人(多分)してますが、求職就職活動してる若者に参考になればいいかなって思います。
なお、残念ながら私は採用には関わってないので悪しからず。

私立高校の学生デモに遭遇

昨日、伏見駅を酔っ払ってフラフラしていたら、高校生のデモ行進に遭遇しました。
叫んでることやプラカードに書いてあることがテンデバラバラで全体的な意図は掴みきれなかったのですが、
Twitterのタイムラインでニュースが流れてきたので、言わんとすることが見えてきました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD19H06_Z10C16A6CN8000/
▲ 奨学金の充実、高校生ら要求 2000人が名古屋・栄を行進(日経新聞)

給付型奨学金の充実という点は納得いきます。高校に限らずですが、ただ一方で気になるのは、公立高校でなんで収容できないのかなというのが一つ。私立高校は彼らの言う「負け組」だから行くわけでは無く、各高校の教育に共感してそこで学びたいという意思のもとに選択しているべきなので、奨学金を得てまで私立高校に行くべきでは無いと思うのです。
要は、経済的な事情での進学の救済は公立高校がすべきだということです。

その上で、努力して学を修めようとする学生を適切に選別して給付型奨学金を支給するようにすれば良いと思われます。
そうなると、私立高校の経営はより一層厳しくなるかもしれませんが、それはそれで致し方ないと思われます。

18歳選挙権でそういった現役高校生のメッセージがどれだけ国政選挙に垣間見えてくるのか分かりませんが、目先の損得だけを見ずに長きにわたって教育がどうなるべきかをよく考えて投票して欲しいとは思いますが、問題はそれを考えてくれる候補者がどれだけ誕生するのか、違う課題もあるように思えますが・・・。

募金した人を偽善者という人々への雑感

朝のテレビでドンヨリ…
地震の募金で偽善者とか自分で働いて募金しろとか…

→ できない人にとっては、無言の圧力というか、倫理的なヒトデナシ的な一種の罪悪感的なものを突きつけられる気分なのね。ドウシテ、アナタハヤラナイノ?って。、
言いたくなる気分も分からなくもない。

→だけど、わざわざソーシャルで報告するようなものでもないし、ましてや明細画像をアップとか、それでは単なるドヤリング。
→多分、そういう報告が無言の圧力として連鎖させるのだろうけど。
募金を集めてる団体が報告してるのとは、意味が違う。

育休詐欺とか民主党は男性の育児参加に水を差したいらしいのか?

昨日の国会、民主党が例の育休不倫議員のことを「育休詐欺」と評して安倍総理を批判しよった。

正直、そんなこと国会のネタにしなきゃならないほど、民主党は政策論争する準備が無いんだろうかと不思議に思えてならない。

まあ、ドウデモイイ問題では無いのだが、で、詐欺って何を奪ったのかな。歳費あたりかな。たしかに否定はできんけど。違法で無ければ詐欺とかいうべきではない。感情論的には分かるが、、、

いやいや、批判したいのはそこではなくて、こういう言葉が巷に独り歩きすることで、民間社会の本来推進されるべき男性の育児参加が阻害されかねないってことの方だ。

育児だけでない。この先、介護も同様に迫ってくる。この先のこと考えれば、18歳参政権のこと考えれば、もっとヒットする政策テーマなんて山ほどある。なのにこれだから、民主党も人材いないんだなあと、何ともイカンデアリマス‼︎

ほら、SMAP解散のネタを国会に持ち込んだのも、あれも民主党。。。

東京都現代美術館v.s.会田誠一家

なんか、えらいもめてますね。

見ていて、呆れてものが言えません。

そんなに穏便に波風立てずにやりたかったなら、なぜ会田誠を呼んだのか?

私にはそれが疑問でなりません。

Facebookのコメントを見ているといろんな批判が出てますが、大半は正しくない。私は上の一言に尽きると思ってます。

会田誠の作品を見ていれば、容易に想像ついたでしょう。以前、森美術館で見た記憶から、このことは、まぁ、やっぱり程度なことです。

それを知っていて依頼しているべきですから、覚悟あるなぁとなるわけですが…。

批判されるべきは、唯一、主催者サイドの思慮の無さ。ただそれだけです。そして、覚悟の無さです。

やっぱりケータイの長期契約者はキャリアのカモにされているという事実

昨日、auやドコモに行ってあれやコレやとやらかして得た情報を元に自分の場合で試算した結果が出た。
カケホ+データ2GB、残債1万ぐらいという使い方を前提に。

2年分の合計
・機種変 336,000円
・ドコモへ 310,000円
・IIJへ 297,000円(カケホでなくなる&機種は推奨の)

ネットをまとめたらとか色々言われたが、auでは回線が対応しておらず、WIMAXを勧められるが、昨今の悪評はもろに今の使い勝手に影響を与えるので却下。ドコモ光もなんだかんだ調べたら、割引にはシェアグループ(一人だと関係無いじゃ無いか?)が必要だとか、NTT東西でもっともっと割とかやっているとあまりメリットが見いだせないということが判明し、メリットが薄いと発覚する。

意外だったのはMVNO(IIJ)へMNPしても大してコストが下がらなかった。電話機をzenfone5にすれば機器代が要らなくなるので、26万ぐらいまで下がる。

残債とか解約料とかなくなると、またさらに話が変わってくる。ざっくり4万ぐらいの差になる。

MNPが得とか損とかの以前に、携帯キャリアは他社からのシェアを奪うことに血眼になるばかりで、既存客のロイヤリティに対しては、どこも何一つ報いろうとはしていない姿勢が明らかになったことだろうか。ちなみに私はそろそろ契約10年だ。あまりに舐められたものだ。そりゃコスト高に見限って他社に乗り換えてしまうのも頷ける。
MNPの過度なやつはとっくに見直したのではなかったのかねぇ…。イヤハヤ。。。

キャリアのメールさえ使わなければ、キャリアなんてどうだって良いわけだから。

ベルマークは理念こそ高尚だけど、もうこれからの時代にはそぐわない

東洋経済に掲載されていた下記の記事、

かれこれ四半世紀ほど前、まぁ、自分もベルマーク集めは好んでやっていた気がします。財団資料のグラフが記事に差し込まれていましたが、ほぼこのMAXな時期です。
未だにあるんだということは、コンビニで菓子とか買うときに感じるのですが、いよいよそのシステムを継続するのに限界が来てはいないだろうかと感じるわけです。

もっとも、PTAというのが基本的に専業主婦(ないしは主夫)であることを期待している様におもわれてならないのですが、日本の実状は共働きでなければ、満足な生活が厳しい世の中になりつつあると思われます。ましてや、シングル親というのも当然のようにあり、もう、PTAって人間利権団体のような感じもしなくも無いです。

「ベルマーク集計のために、有給休暇をとらなければいけない親。その分の金ぐらい寄付するから勘弁して欲しい。」

これって、スゴイ経済的には的を射ていると思われるのです。だって、フルタイムで働く人が一日有給休暇を取ると、その対価は低く見積もっても1万円程度でしょう。でも、このチマチマした活動から得られるものっていくらですか?

もちろん、学校設備の充実とか他の学校等への支援とか理念はとても高尚です。しかし、このご時世に親にこんなことまで頼り切る頭がそもそも腐っています。

私は、ベルマーク活動自体を悪いこととは思いません。今後もやれば良いと思います。しかし、そこにやみくもに親を巻き込むものではありません。自分たちの学校をもっと良くして、他の大変な学校も応援する。そのためにベルマークの付いた商品を積極的に選ぶ(どこぞのエコキャップみたいに理念や消費者との約束がズレてないので良いです)けど、ベルマークの集計や送付などは、子どもたち自らが率先して行う。

たしか、自分が子ども頃は自分たちで集計とかしていた気がします。小学校に色んな委員会があって、その中にベルマーク委員会ってのがあって、彼らが頑張っていたと思います。それで良いと思いますし、そうあるべきです。親を巻き込んでいる時点でこの事業は破綻していますし、それを良しと考えている親や学校関係者、教育委員会や自治体関係者は、頭が腐っているとしか思えません。

ベルマーク批判の背景にあるPTA批判を見ながら、そもそもなんか違うんじゃないかなーとか思ったのでありました。

個人情報、盗られるベネッセ、それを利用するジャストシステムの残念な様相

2,070万件の個人情報が漏洩、ベネッセ的には盗まれたと言いたいのだろうが、ここ数年の事故では最大級じゃないかな。前代未聞の規模。相当話題になったジャパネットでも最大66万人(可能性として)、Yahoo!BBが450万人だったから、その規模は想像を絶する。
※追記:SONY系の全世界億単位の漏洩がありました。外部からの攻撃ではありましたが。

そして、運悪くなのか分かっていたのか別として、名簿屋を流れて掴んだのがジャストシステム。自らが提供する競合サービスの勧誘に使いまくっていたようだ。

発覚して面白いことに、市場の評価は両者とも株安になったが、ベネッセが約5%下落に対して、ジャストシステムは約15%とストップ安。今後の影響が大きいのはむしろベネッセなのにこの差とは。

個人情報の漏洩で注意のウエイトは外部からよりも内部からというのは定説中の定説。外部から不正アクセスやウイルスはもちろんあるのだけど、たいてい基本的なネットワークセキュリティやクライアントセキュリティを施しているはずだし、時々Webシステム環境がアホすぎることによる事故はあるけど、よほどケチるとか素人が作らなければ心配は大きくない。作り手にも常識というものがある。

そうなると、内部から悪意を持って持ち出されるか、内部の者が注意散漫で紛失するかの二択になる。そして、あんまりここへの対策が進んでいなかったりするもの事実。
教育からルール、規制、監視など人間的、機械的、規則的?な方策を尽くしているべき。先に挙げた過去の事例ってのも10年前の話。いい加減勉強しろよと感じる。

とりあえず、ベネッセ様のおかげでネットワーク系SIerは情報漏洩対策ソリューションのバブルが訪れることでしょう。私も忙しくなりそう。

さて、話を元に戻して。。。市場がベネッセよりもジャストシステムに対して厳しい評価をした。これは裏返すと、事故を起こしたベネッセも悪いが、おそらく知っていて利用したジャストシステムはもっと悪いという、企業倫理に対する評価がこの差を生んだのだろう。

漏れ聞こえた話では、進研ゼミを叩いてスマイルゼミを売ろうとしたとかしないとか。
普通に考えれば分かる話なんだが、たかだか10年そこそこ頑張ってきたジャストシステムのサービスごときが、40年以上の歴史と実力と変革をもって育ってきた進研ゼミに勝るわけがない。もちろん人間相手なので向き不向きでスマイルゼミが良い場合もあるだろうが、一般的な感覚ではあり得ない。

苦し紛れに競合最大手の個人情報を盗み出し、名簿屋を経由させることで個人情報ロンダリングして入手したんだろうなぁと疑ってしまうあたりが自然かもしれない。

さ、て、ここからは個人情報の専門的な話題。
ベネッセにしてもジャストシステムにしても幸か不幸かプライバシーマーク取得企業。これが何を意味するか。このような問題に対して逃げ隠れが出来ないということ。ベネッセはどう追求していくか、ジャストシステムはどう言い逃れるか。
今回は運が悪いことに、ベネッセに個人情報を提供した個人の方々がベネッセにだけ出したという情報にジャストシステムが引っかかり、足がついた。

ベネッセ的には原因追及と今後の対策、当事者に対する処分と被害者への謝罪対応と数が数だけに面倒なことはこの上なく、おそらく関係部署の眠れない日々が容易に想像ついてご愁傷様と過去の経験から思うばかり。

問題は使っちゃったジャストシステム。こちらはどう出るか実に見物。
個人的にはATOKで大変お世話になっているので、なんとか誠実に頑張って欲しいと心から願うのだが、ここは冷静に様子を見ていることにしようと思う。

auの『カケホとデジラ』を契約する前にやっておきたいこと

カケホとデジラ
先日、ついにauが満を持してというか、後出しの後出しじゃんけんで出してきた電話定額サービスとデータ通信細分料金制『カケホとデジラ』。
BYODでかつ、フュージョンの料金振り分けサービスを使ってきた自分としては、ドコモが発表して以来、いっそドコモにMNPしてやろうかとか画策しつつ、iPhone 5Sの残債の重しと別にauで困ってないじゃんという現実に、いつauは追随するんだと指くわえて眺めていました。

実は、会社の社用携帯のことなど総務な仕事もある関係で、料金見直しというのがしばらく検討事項として続いていた関係で、今回の発表直後から色々と情報を調べていて、概ね活用方向性が見いだせたかなということで、ちょっとまとめてみました。もし、検討中の方は参考にしてもらえるとうれしいです。

  • 申込する前にauお客様センターに電話して確認しよう【これ一番重要】
    電話料金の部分は毎月の明細で分かりますが、実はくせ者なのはデータ通信の方。多分、自分はこれぐらい使ってるだろうなぁ~と思っている通信量はほぼ間違いです。
    今までの7GB定額で、一体どれだけの人がオーバーしたでしょうか。速度制限を受けたでしょうか。
    さて、このデータ通信量、当月分はマイページで確認が出来ます。しかし、過去数ヶ月分とかになると、実はお客様センターに電話しないと答えてもらえません。請求書にも書かれていないのです。(昔は書いてあったような気がしたけど、あれはパケット数だっけ)
    「過去数ヶ月分のデータ通信量を教えて下さい」と言えば、係の人が頑張って電卓をはじいて答えてくれます。私の場合は、1.5G~2.5Gでした。あれ?意外に少ない。たしかに動画とかゲームとかあまりする人ではないのですが、思っている以上に少ないということに気付くはずです。これでプランを検討できます。
  • プラン変えたら戻せないから決断は慎重に(特に電話使わない人たちに告ぐ)
    スマホのZプランはこれになって以降、そのうちなくなります。そして戻せなくなることが想定されます。ほとんど電話せずデータ通信ばかりの人には電話基本料分2,000円近く上がることに気付くべきです。
    もちろん、電話しまくりの人には涙が出るほどウレシい話なのですが…。
    またガラケープランでも、無料通話付きを分け合うようなプランを使っている場合、乗換メリットが無いかもしれない可能性があります。
    そして、050+などのサービスを使っている人も通話料次第では、メリット出て来るかもしれません。
    と書いていてふと思い出した。これ、海外での電話とかはかけ放題に含まれないんだった。海外から電話する機会のある人は、050+解約しちゃだめですよ。要注意です。
  • ガラケーのパケット通信は定額orNOT(ダブル定額とかと組み合わせられなくなります)
    ガラケーユーザーでメール転送など使っている場合、パケット通信量に注意が必要です。電話オンリーまたは電話しまくりパケットしまくりの人は全く悩みませんが、それ以外の人はパケット通信の度合いについて確認しておく必要があります。もしこのプランに移ると、パケット定額無しのプランでは、完全従量課金のため、とんでもないことが起きる恐れがあります。

さて、私の社用携帯の方ではどんな事を考えているか。

スマホ組については、データ通信量を見極めて平均通信量ギリギリぐらいのプランにするのがイイかなと考えています。その上で時々オーバーする月にはデータチャージでやり過ごせるだろうと。もしくはモバイルルータと併用させて回避させるとかでいいかなと思っています。
なかなか細かい容量設定をしてくれているので、これがリーズナブルかなと推察しています。

ガラケー組が結構難しい。電話・パケットMAX組と電話オンリー組は答えが早いのだけど、問題はそれ以外。パケット通信の状況を慎重に見極めないとんでもない選定ミスをしてしまいかねない。また、電話がさほど無ければ、現状のプラン(無料通話月+ダブル定額)維持が良い場合もある。このあたり総務担当者の悩ませどころになりそうです。

ちなみにデータ通信は、MVMOでモバイルルータです。会社の場合は4,000円/月を下回るぐらいでLTEタイプのものを使っています。今、必死になってau契約のルーターの解約剥がしに精を出しています。

ところで、『カケホとデジラ』ってネーミング、酷くダサくないか?と思ったのは気のせいでしょうか。特に「デジラ」。データ自由ライフの略語らしいですが、別に自由じゃ無いけど…と思ったのは気のせいですかね。