常識論・・・常識ある、常識はずれとかとか

常識論でたまに社内がざわつくことがあって……。
そもそも常識が何かってことを悶々と考えていて、とりあえずまとまった結論の話。

常識ってのは価値観とか倫理観とか規則とかそういうもので、複数人集まった(組織化された)場合には、基本的には組織の多数決で決められていく。

至極当たり前な話だろって思うのだけど、揉めているときに限って、この観点が抜け落ちていることが多い。

常識が育まれる工程?

個人の常識は、まず生まれ育った家庭環境によって創られる。家族も増えたり減ったり、時には変わったりもするので、その都度家庭の常識も変化する。
同じ一族でも親戚間では家庭が異なるので、ここもまた変わる。

次に家を出ると、地域コミュニティ(町内会とか自治体とか)があり、そこにもまた地域の常識がある。例えば、ゴミ出しのルールがマンションとか町内会、自治体毎に違っている。あるものが燃えるゴミだという常識が別の自治体に引っ越した途端燃えないゴミになって非常識扱いされてしまうのもそんなあたり(実際、名古屋市と市外で違っていて驚いた)。

同様に学校や企業などコミュニティが変われば常識だって変わる。
同じコミュニティでも、構成員(内部環境)や外部環境の変化でも常識は変わる。学校のトンデモ校則批判が良い例。

常識を変える一歩???

組織での常識(時に文化ともいう)は、変えるか受け容れるか基本的には無く、どちらもイヤならばコミュニティを去るしかない。

権力無く、相手や既存の常識を否定して、自己の常識をゴリ押しする行為は常識を変えるとは言わず、ただの身勝手とか言われるやつ。

常識を変えたいならば、変えることの得を説き(説得)、得を納めてもらう(納得)ことで、多数派工作するとか、権力者に認めてもらうといった、政治活動が必要となる。こういうのが非効率で無意味だとか言う意見もあるが、それは権力があればどうぞって話。

不振企業を再生させるために買収した社長が乗り込んでいって大ナタ振って常識をガラガラポンするなんてのが、テレビ番組に取り上げられるけど、それは資本主義の正当な権力行使。まぁ、労働者には労働基準法等々のバリアがあるのだけど。

テレフォン人生相談でのパーソナリティ、加藤諦三氏の名言の冒頭、

変えられることは変える努力をしましょう。変えられないことはそのまま受け入れましょう。……

日々起こる物事、この言葉に尽きるなぁとよく思う。
相手先組織にイノベーションを起こすような製品を創り、提供することを生業にしていると、自分の製品で相手の常識を変えることが仕事の基本になるので、常識とか固定概念との闘いになる。
一方で、自分自身も既存の価値観や常識の中にいることが心地よく楽なので、それを壊されることには抵抗もある。ただ、それでは自分の存在意義にもかかわるので、自ら壊す努力もしなければならない。なかなかこれが難しく、シンドイ話なので。。。

もっと大学や専門学校で労働者教育(法律とか)しとこうよ

へぇ〜ついに36協定見直しで残業時間の上限設けるってか…
それ以前に自治体のブラック雇用は是正しないとな…。タチが悪すぎる。というか、民間と同じ基準にしてやればどうだ。いっそのこと。

さて、求人、雇用のことでふと思い出したことがある。こっからえらく長文ですよ。

手前味噌じゃ無いけど、自分の所属してる会社は、おそらく働く子育て女性にはとても優しい雇用制度の会社だと思う。
それは過去のイタイ経験からかもしれないけど、他社の様子をうかがい知る上ではそう。

ただ、働く社員の意思とか意欲とか向上心がやたら求められるから、誰でもってわけでは無いかもしれないけど。

WEB屋とかシステム屋とか、中小で求人出してるところで、残業代全額支給を謳い文句にしたところを見たんだけど、アタマおかしいのか?と思った。
そういう会社には、労働関係の法律を読んでから言えと言いたい。おそらくどれだけ恥ずかしいことかが分かる。

法律にちゃんと従っている
それはセールスポイントにはならない。というか、できてなきゃ訴えられるぞ‼︎って話だ。
こう書きながらうちの採用ページ再確認したけど、要項の中に一文ボソリ。それが限界だよ。

残念なことに気付かない若者が多いからいかんけど、それぐらいは知ってるべきだし、大学や専門学校の授業にちゃんと労働者としての法律知識として、命を守るためとして、カリキュラムに入れるべきだとすら思う。
まぁ、そのことは自分が大学にいた、もぅ20年近く前に、労務管理の講義で最初に先生から言われたことだった。当時のあの先生は、自分のアタマにはアニオタとしか映ってないけどww。

それもあって、大学時代は必要以上に法学部の講義を取ってた記憶もあるけど、けっこう今の仕事で活きてる。

あ、全力で脱線したけど、技術を学ぶのも大切だけど、もう少し社会常識として、自分の大切な命を守る術として、法律を学ぶべきだと思う。
バカな会社と愚かな経営者に騙されないために…。

ただ、管理職と言ってる連中も、そこまでわかってるわけでも無いことが多いから、要注意。

さて、もっかい手前味噌。
うちの会社、テレワークも充実してる。開発SEだって活用する。子育てとかあるとそこの微妙なシームレスなところがフォローできるじゃない。

独身貴族の自分も堪能させてもらってる。某社の”旅する支社”ってフレーズ、自分にはとても憧れなんだけど、ぶっちゃけ実践してる。

人生が旅だけど、仕事道具カバンに入れりゃ、海外だってなんのそのって感じで。まぁ、会社に甘えさせてもらってるんだろうなぁと思うけど、海外旅行中に仕事しますがな。その代わりフラッと消えますがね。

今のところ、上海旅行中に案件対応で数時間ホテルに篭ったとか、ベトナムツアーのバスの中でサイトの更新対応で、実はクライアントが、ツアー主催者のスポンサーだったとか、独り身でなければ、結婚とかしてたら即離婚だなと思うことありますけど…囧rz

てな感じで、うちの会社、経営側も労働者側もそのあたりの意識はそこそこ高めです。
権利があれば相応の義務とかある。そんなに生易しくはない。SES(自分には偽装派遣みたいなものとしか理解してないが)の業者にも正直厳しい。だから、人いないんだよって思うけどwww。

まぁ、そんな感じで、うちの会社も求人(多分)してますが、求職就職活動してる若者に参考になればいいかなって思います。
なお、残念ながら私は採用には関わってないので悪しからず。

高齢者向けWindows10サポート – いついきなり10になっていても良いように-

先日、仕事でお客様(高齢者)のPCサポートをしてきました。
その方というのが、もともとWindows7をご利用頂いていたのですが、
Windowsアップデートとか、アップグレードダイアログに促されるまま、Windows10にしてしまったそう。
私も電話を頂いて、
「いきなり画面が全然変わってしまった」
ということで、最初何が起こったかよく分からなかったのですが、もしやと思い、スタートボタンみたいなところ押したらどうなるかを確認したところ、
「よく使うアプリ」と書いてあるということで、Windows10に上げちゃったなと確信しました。

さて、そこからはともかく往訪しないことには始まりません。なぜなら、

  1. メールソフトが消える(実際はそれまで使っていたWindows Liveメールはちゃんと残ってる)
  2. Internet Explorerが消え失せる(上に同じ)

という状態が発生しているため、インターネットやメールをそこそこ日常的に使われる方なので大問題です。

往訪して、対応したことは、

  • タスクバーやスタートメニュータイルにある不要なアプリやツールのピンを外す(ショートカットの削除?)
  • 日常的に使うアプリをピン留め
  • Windows10対応させないといけないソフト(セキュリティ等)のアップデート
  • 細かい操作性変更に伴うレクチャ(主にスタートメニューまわりと電源操作だけでOK)

でした。そんなにたいした作業ではないのですが、これだけで、一気に解決してくれるのが、Windows10の良いところかもしれません。
これがWindows8なら当分の間PCレッスンを入れないといけなくなるので大問題というわけです。