Office2019プリインストールPCにAccess Ruintimeが入らない件

Microsoft Officeや、Office365で、64ビット版と32ビット版の共存ができないって話はけっこう昔のバージョンで聞いていて、インストールも32ビット版を選んでインストールするとかしています。64ビット版だと融通きかないですから。

買ってきたノートPCにAccess Runtimeが入らない……

さて、とあるお客様のPC入替案件があって、そこには、Access Runtimeを使うアプリを作って導入しています。

PCには、Microsoft Office 2019 Home & Businessをプリインストールされていますので、クリック一つ、プロダクトキー入れて作業完了となります。
次はAccess Runtimeのインストール。Office2019は32ビットが入ってるから入るだろうと2016ランタイムも32ビット版をインストールするわけですが、入りません。

エラー表示には、「・・・・64ビット」とあるので、ビット違いが混在してるわとパニックがスタートします。Accessのアプリは32ビット版で作ってありますので、64ビット版を入れるわけにはいきはません。

調べても、再インストールしても超えられない壁

まずは色々ネットの情報を漁ります。そして色々試してダメだった軌跡は次の通り。

  • Officeのインストーラーが良くない?
    プロダクトキーでインストールできるOfficeを買ったので、Microsoftアカウントも要らないのですが、インストーラーを改めて入手するにはアカウントを作らねばなりません。メールも持たないユーザーさんなので、Gmailアカウントを作り、Microsoftアカウントを作り、プロダクトキーの紐付けをしてインストーラーを入手します。
    32ビット版を選べるのかなと思いきや、選ぶことはできません。自動的にダウンロードとインストールが始まり、Access Runtimeと競合して失敗します。
  • インストールの順序
    順番がおかしいのかな?という理由で順番を変えつつ試してみますが変わりません。
  • Officeをオフラインインストールするべき
    ということで、オフラインイメージを取得してインストールを試します。こちらであれば、32ビット版を選択して、インストールできたのですが、Access Runtimeは入りません。

Click-to-Run (64ビット)なんじゃそりゃ

そろそろ万策尽きてきて、どうしたものかと悩み出します。その頃、どうにも気になりだしたのがClick-to-Runの文字。こいつが引っかかってAccessが入らないということに疑問に思います。
オフラインイメージで32ビットを選択しているはずなのに出て来る64ビット、なんだろうなと色々調べて辿り着いたオチ・・・。

インストーラー形式の競合ってなんやねん(怒)

このあたりから、開発のSEにSOSを飛ばして色々と話をしていたら、「Office365版のRuntime入れてみたら?」という話。
動くんかな?と思いながら、作った本人が言うんだからと試したら、成功。
そして、Accessアプリも問題無く動作。

どういうこっちゃって確認していたら、どうもインストーラー形式(インストールテクノロジ)が違っていると、共存できないって話。

同一コンピューターでクイック実行および Window インストーラーを使ってインストールされた Office はサポートされない(Microsoftサポート)

Office2019の方はクイック実行、入れようとしていたAccess Runtime 2016はWindowsインストーラーテクノロジ(MSI)だったので、入らなかったようだ。

重要なポイントは、Office2019の方は、どういう状態であってもクイック実行になってしまうということ。インストールやり直そうが、オフラインイメージを手に入れようが、無駄だったわけ。。。

けっこう業務アプリケーションをAccess Runtimeで動かしてる企業とか多そうだから、Runtimeのインストールトラブルは注意しておいた方がいいよね。

うちの場合は、最新のRuntimeでも問題無くアプリは動いているのだけど、古すぎる場合は、そうは都合良くいかない可能性もあるだろうから、その場合は、Accessアプリ自身をなんとかすることも考えないといけなさそう。

参考
同じ PC にインストールできる Office 製品について(Microsoft)

エルゴヒューマン(ergohuman)を10年以上使ってきた話

新型コロナが蔓延しだして1年以上経過しましたが、在宅ワーク環境のために色んな家具投資している話、デスクツアーなんて動画がYouTubeを見ると数多くアップロードされてまして、自分の自宅環境も見直そうかなとか思っていたりしています。

もともと、自宅でも仕事をする環境を前提に20年以上も前から色々やってきたのですが、こんなのを買いました~的な話は多いのですが、それを長年使ってきた話が無いなって思ったので、一つ書いておこうかなと思います。
それが、10年前に買った、エルゴヒューマン ベーシックです。

ergohuman
10年前に買ったエルゴヒューマンベーシック、エレベーター無しのマンション4階に届くの図

上の写真は、10年前2011年1月に自宅に配達された時の写真です。
配達は玄関前渡しだったので、その際の開梱時の様子です。完成品で届きましたので、せっせと取り出すだけだったのですが・・・。
購入はオフィスチェアーズさん、現在はサイトも無くなっていますが、よく動画で紹介されるワーカーホリックさんと同じ会社です。

エルゴヒューマンってどんな椅子?

アーロンチェアとかスチールケースといった高級なエルゴノミックチェアの廉価版っていうのがシンプルな表現でしょうし、当時わたしも同じことを思って買いました。廉価版といっても当時で7万しましたし、相応に良い値段はします。それでも、トップブランドと比べれば半額以下ですからお値打ちです。

詳しい解説は、色々YouTuberさんが解説していますので、検索してもらうとよいですが、私が見ていて妥当な解説しているなと思ったのをいくつか挙げておきます。

5年使った人のレビューです。ほぼ、これが5年追加されたような感じです。
やっぱりね、ホコリたまりやすくって掃除しにくいのですよ。掃除機とクイックルハンディとガスブロワーがマストアイテムになります。

当時椅子を買った会社のショールームで色々試したという動画です。
実は、これを書くために色々見たのですが、椅子選びを考えるのにすごい良い情報だったなと思いました。
というか、10年してあらためて椅子の設定をチューニングしてしまいました。

もともとなんでコレ買った?

それまでは、ホームセンターとか通販で売っていたそれなりの椅子を使っていたのですが、数年で色々ヘタってきます。あとは長く使えるものがほしいと思っていたので、色々探していました。

元々、インプット/アウトプットに対する投資はケチるべきでは無い(生産性と健健康のため)という考え方があって、それまでの投資がこんな感じです。

  • モニタ
    • 最初はIBMの付属品、その後NANAOのブラウン管、SHARPの液晶、そして三菱の液晶、現在はLGの4K IPSモニタと三菱の2台構成
  • キーボード
    • IBMの付属品から、マイクロソフトのエルゴノミクスキーボード(ハの字のヤツ)、現在はダイアテックのFILCO
  • マウス
    • IBMの付属品からロジクールやマイクロソフト、その他色々いったあげく、ロジクールのM705
  • メガネ
    • もともと1本1~2万円のメガネを1,2年おきに作り直していた気がします。その後、きちんとしたメガネにしようと、増永眼鏡のカズオカワサキモデル。レンズを入れ替えつつ(掛けたまま寝て壊すことも何度か)、細かいパーツを交換しつつ10年以上

その中で、10年前で最後に残っていたのが椅子だったのでした。ちょうどガタが来ていたので、色々探した結果、エルゴヒューマンでした。

エルゴヒューマンで良かったところ・・・というか正しい座り方って

多くのYouTuberさんが独立ランバーサポートを評価されていますが、私のカイロプラクティックの主治医の先生が腰痛になりにくい座り方ってどういうの?と聞いたことがあって、椅子に深く腰掛けた状態から、腰部分をグッと押してサポートされている状態で背中を預けた座り方が理想だという話でした。
ほぼエルゴヒューマンはこの理想を体現したような座り方を実現してくれます。

アームレストも高さだけでなく、前後、左右、曲がり角と設定できたり、座面の位置や背面の高さ、など色々設定が可能です。細かい話は、先の動画を参考にしてください。

そして、メッシュ座面がなかなかに丈夫。私自身けっこうな重量ですが、それが10年以上使ってもへたらないのでスゴいものです。ただ、使用時間がそれほど長くも無い(コロナ前で2,3時間ぐらい)。

エルゴヒューマンはどれがオススメ?

おそらくベーシックで良いと思います。プロやプロオットマンは大半の人にとってオーバースペックになると思います。オットマンは捨てがたいなーとは思いますが、利用頻度を考えるとどうかなって感じがします。一方でエンジョイなど下位グレードになるとランバーサポート部分が一体じゃないので、腰部分の支えが不安かもしれません。お値段は相当お値打ちになりますが・・・。

困ったことと注意したいこと

困ったことと言えば、先の動画でも述べられていますが、まぁ、ホコリがたまりやすくて、メッシュだと目立つこと。たまに掃除機を差し込んで掃除をしますが、なかなか取れません。なので、クイックルハンディやガスブロワーを使って、中のホコリを取ったり飛ばしたりしながら、掃除機で吸い込むなんてことをします。

あと注意したいこととしては、これはエルゴヒューマンに限らずですが、重量のある椅子などになると、板張りのフローリングなどでは、板を傷つけて壊しかねません。私は賃貸暮らしになってから、オフィスなどで使うタイルカーペットを敷き、その上にチェアマットを敷いて使っています。念には念をです。

テレワークや在宅勤務は、コロナ禍が去ったとしても無くならず、むしろ働き方改革の流れに乗ってさらに定着するのでは?といわれています。そうなると、自宅の仕事環境を快適にすることは、労働成果に繋がります。リモート中心のワークスタイルでの評価は、努力ベースの時間評価からアウトプットベースの成果評価になっていくでしょうから、なおさら重要になります。