auヘビーユーザーの私が、dマガジンとauブックパスを使って感じたこと

dマガジン auブックパス

最近のワイドショー報道で、文春ネタが楽しいせいか、かといって毎週買うのもモッタイナイというか、雑誌なんてしっかり熟読するわけでもないし、、、ということでふと思い出したのが、dマガジン。dアニメは前から契約して見ていたのだけど、あるかなぁと思ってアクセスしてみたら、文春があった。で、月400円。他にも、気になる雑誌、経済誌色々、タウン誌(と言ってもTOKAI WALKER)、CAPAとザッピング読みするに、月400円は安すぎる。気に入ってしまった。

auブックパスも試してみた

auにも類似サービス、auブックパスがあって、2週間無料だから申し込んでみた。

使ってみて2週間、auブックパスが色々と値段の割に使えなさそうな感じがしてきて、結局続けることなく解約した。

それで感じた不満とかとかメモっておく。

  1. アプリで本を選択できない

    新規に本を選択するには、必ずWebサイトへアクセスしなければならない。

    dマガジンがアプリで完結できるのとは対照的。正直ここが面倒くさい。

  2. iOSがアップデートされるとしばらく使えない

    アプリだけでなくWebの方も。なんでだ?と不思議に思うぐらいなのだけど、使えない。1日たたずに使えるようになるからまだマシなのだけど、正直ナンデヤネンと思ってしまう。

  3. 単行本やマンガとか読めるけど、読み放題は古いものだけ

    まぁ、古いのだけとなるのは仕方無いのだけど、雑誌が発刊日にすぐ読めるのとは圧倒的に対照的。

    かといってそんなに良い本がそろっているわけでもなく趣味が合わなきゃちょっと微妙。雑誌の方はdマガジンと拮抗するぐらい良い感じの品揃え

  4. なのにdマガジンより100円超高い

    まぁ、読めるものが多いから仕方無いかもね

  5. いわゆる”エロ本”が読めるのだけど・・・

    隔離ができんのだ。セーフサーチってのがあるにはあるのだけど、確実かつ容易に分離できなきゃ満員電車の中とかで読むのには相当な勇気とか羞恥心を超える必要がある。せめて本棚を分離して欲しい。

 ざっとこんなところかな。ちょいと古いマンガとかが読みたければ、100円ぐらい高いけど、auブックパスの方がメリットはありそう。

だけど、雑誌類での情報収集がメインの目的になるのなら、選択はdマガジンしかない。

5年経った、今日に寄せて…

5年前、案件の打ち合わせで行った県内遠くの客先のビルでその時間を過ごしていました。意味不明な船酔いのような気持ち悪さが体を襲う中、打ち合わせを続けていたのですが、周りでは、状況確認とヘルメットかぶって出かける人、副社長が(新幹線が止まって)帰ってこれないという声、目先の事だけが流れていく時間でした。

しかし、名古屋の事務所に戻り、色々な情報が集まり、そして土曜、日曜と、テレビから届く惨状を観て、なんとも言えない思いに浸っていたと覚えてます。

何ができるのかと思い悩みながら、義援金を送る。

その後2年、義援金じゃ無い、頑張る人を応援するんだと旅に出たGW。

ほとんど関係無いのに風評に振り回される猪苗代のワイナリー。

あの時のことを強く語ってくれ、出立の朝、ラジオ付けて旅しなさいよと何度も言ってくれてた東松島の宿の婆ちゃん。

復旧復興のおかしな現実を全てがなくなった海辺を前に教えてくれた小泉の先生。

名古屋の人に助けられたんだよと語ってくれた葡萄園の人。

そして、あの防災庁舎や一本松や復興商店街の姿。

光と陰を本当に学ばせてもらいました。
5年経ちました。

オリンピックって必要だったのか?国立競技場って必要だったのか?

なんか、トウキョウの人達にその他多くの日本国民は振り回されてるんだなと思わずにはいられません。

さて、今の自分に何ができるんだろうと改めて思います。

次来るかもしれない災害への対策はもちろんですが、東北のことを1日でも早く過去のことにするために、何をしたらいいのだろうか、そんな答の無い、堂々巡りな思いに浸る、それがこの日なのであります。

政治的に色々問題なのです。

育休詐欺とか民主党は男性の育児参加に水を差したいらしいのか?

昨日の国会、民主党が例の育休不倫議員のことを「育休詐欺」と評して安倍総理を批判しよった。

正直、そんなこと国会のネタにしなきゃならないほど、民主党は政策論争する準備が無いんだろうかと不思議に思えてならない。

まあ、ドウデモイイ問題では無いのだが、で、詐欺って何を奪ったのかな。歳費あたりかな。たしかに否定はできんけど。違法で無ければ詐欺とかいうべきではない。感情論的には分かるが、、、

いやいや、批判したいのはそこではなくて、こういう言葉が巷に独り歩きすることで、民間社会の本来推進されるべき男性の育児参加が阻害されかねないってことの方だ。

育児だけでない。この先、介護も同様に迫ってくる。この先のこと考えれば、18歳参政権のこと考えれば、もっとヒットする政策テーマなんて山ほどある。なのにこれだから、民主党も人材いないんだなあと、何ともイカンデアリマス‼︎

ほら、SMAP解散のネタを国会に持ち込んだのも、あれも民主党。。。

アクサダイレクトに個人情報を消させる

何年も前、アクサダイレクトで自動車保険の見積もりをしたわけですが、他社と違って、毎年のようにしつこくDMを送ってきます。

ちなみにその時の車はすでに買い替えて今は無いですが。

それにしてもやっぱりしつこく鬱陶しいので、なんとかできないかと思うわけです。

しかし、

  • サイト上のマイページらしきところには削除できる入口は無し
  • その上、メール送信の切り替えはバグってるのか、意図的なのか、画面開く度に「送信する」なってる
  • Q&A見てもそんな情報は皆無

ここまでくると、個人情報保護法的に黄〜赤信号が点り出すのは、法律を少しでも知ってたらピンとくる。プライバシーポリシーが全てじゃ無いんだよな…。

腹立っていたところ、マイページでゴソゴソ設定した時の完了メールに、連絡先が書いてあったので、即削除と郵送停止の要求を送ったところ、今朝承諾する旨の返信が返ってきた。

ただ、個人情報取扱事業者として見た時、アクサダイレクトはなんともお粗末な感じを拭えない。是非こういうところは是正してもらいたい。

あと、生保の方は重要告知事項まわりは、契約しなかったとしても持ち続けるらしい。ちなみにこの情報は、法律で定める機微情報であって、取得や保持には相当な理由が必要だ。審査契約の時は当然でも契約に至らなくても保持し続けるのは、どう読んでもおかしいことこの上無い。このあたり、生保業界の方に聞いてみたい…。

参考情報 アクサダイレクト生命のQ&Aより

レノボとバイドゥとの死闘…

親から新パソコンを買って来いと言われて、コスパからレノボのWindows8を買ってきて、セコセコアップグレードしていたのだが、全部片付いたとホッとしたところで大トラブル発生。起動した途端にいわゆるリソース100%状態が起こり出した。

挙動を眺めていると「かんたんスタートBOX」とかいうアプリが激しく邪魔をしてるではないか。

なんだこりゃと思って調べたら8時代に使い勝手を改善するツールらしい。

シマッタ…消し忘れた…。

時すでに遅し。セーブモードってどうやるんだとか思いながら次の予定のため、一旦諦める。

パソコン買ったアプライドじゃ、不注意でhao123とかヤラシイツールとか入られるので、サポートオプション付けませんか?とかセールスされたが、

買った最初からバイドゥをブッコマレてるとか、ギャフン感が全開だ…。

高齢者向けWindows10サポート – いついきなり10になっていても良いように-

先日、仕事でお客様(高齢者)のPCサポートをしてきました。
その方というのが、もともとWindows7をご利用頂いていたのですが、
Windowsアップデートとか、アップグレードダイアログに促されるまま、Windows10にしてしまったそう。
私も電話を頂いて、
「いきなり画面が全然変わってしまった」
ということで、最初何が起こったかよく分からなかったのですが、もしやと思い、スタートボタンみたいなところ押したらどうなるかを確認したところ、
「よく使うアプリ」と書いてあるということで、Windows10に上げちゃったなと確信しました。

さて、そこからはともかく往訪しないことには始まりません。なぜなら、

  1. メールソフトが消える(実際はそれまで使っていたWindows Liveメールはちゃんと残ってる)
  2. Internet Explorerが消え失せる(上に同じ)

という状態が発生しているため、インターネットやメールをそこそこ日常的に使われる方なので大問題です。

往訪して、対応したことは、

  • タスクバーやスタートメニュータイルにある不要なアプリやツールのピンを外す(ショートカットの削除?)
  • 日常的に使うアプリをピン留め
  • Windows10対応させないといけないソフト(セキュリティ等)のアップデート
  • 細かい操作性変更に伴うレクチャ(主にスタートメニューまわりと電源操作だけでOK)

でした。そんなにたいした作業ではないのですが、これだけで、一気に解決してくれるのが、Windows10の良いところかもしれません。
これがWindows8なら当分の間PCレッスンを入れないといけなくなるので大問題というわけです。

東京都現代美術館v.s.会田誠一家

なんか、えらいもめてますね。

見ていて、呆れてものが言えません。

そんなに穏便に波風立てずにやりたかったなら、なぜ会田誠を呼んだのか?

私にはそれが疑問でなりません。

Facebookのコメントを見ているといろんな批判が出てますが、大半は正しくない。私は上の一言に尽きると思ってます。

会田誠の作品を見ていれば、容易に想像ついたでしょう。以前、森美術館で見た記憶から、このことは、まぁ、やっぱり程度なことです。

それを知っていて依頼しているべきですから、覚悟あるなぁとなるわけですが…。

批判されるべきは、唯一、主催者サイドの思慮の無さ。ただそれだけです。そして、覚悟の無さです。

やっぱりケータイの長期契約者はキャリアのカモにされているという事実

昨日、auやドコモに行ってあれやコレやとやらかして得た情報を元に自分の場合で試算した結果が出た。
カケホ+データ2GB、残債1万ぐらいという使い方を前提に。

2年分の合計
・機種変 336,000円
・ドコモへ 310,000円
・IIJへ 297,000円(カケホでなくなる&機種は推奨の)

ネットをまとめたらとか色々言われたが、auでは回線が対応しておらず、WIMAXを勧められるが、昨今の悪評はもろに今の使い勝手に影響を与えるので却下。ドコモ光もなんだかんだ調べたら、割引にはシェアグループ(一人だと関係無いじゃ無いか?)が必要だとか、NTT東西でもっともっと割とかやっているとあまりメリットが見いだせないということが判明し、メリットが薄いと発覚する。

意外だったのはMVNO(IIJ)へMNPしても大してコストが下がらなかった。電話機をzenfone5にすれば機器代が要らなくなるので、26万ぐらいまで下がる。

残債とか解約料とかなくなると、またさらに話が変わってくる。ざっくり4万ぐらいの差になる。

MNPが得とか損とかの以前に、携帯キャリアは他社からのシェアを奪うことに血眼になるばかりで、既存客のロイヤリティに対しては、どこも何一つ報いろうとはしていない姿勢が明らかになったことだろうか。ちなみに私はそろそろ契約10年だ。あまりに舐められたものだ。そりゃコスト高に見限って他社に乗り換えてしまうのも頷ける。
MNPの過度なやつはとっくに見直したのではなかったのかねぇ…。イヤハヤ。。。

キャリアのメールさえ使わなければ、キャリアなんてどうだって良いわけだから。

ベルマークは理念こそ高尚だけど、もうこれからの時代にはそぐわない

東洋経済に掲載されていた下記の記事、

かれこれ四半世紀ほど前、まぁ、自分もベルマーク集めは好んでやっていた気がします。財団資料のグラフが記事に差し込まれていましたが、ほぼこのMAXな時期です。
未だにあるんだということは、コンビニで菓子とか買うときに感じるのですが、いよいよそのシステムを継続するのに限界が来てはいないだろうかと感じるわけです。

もっとも、PTAというのが基本的に専業主婦(ないしは主夫)であることを期待している様におもわれてならないのですが、日本の実状は共働きでなければ、満足な生活が厳しい世の中になりつつあると思われます。ましてや、シングル親というのも当然のようにあり、もう、PTAって人間利権団体のような感じもしなくも無いです。

「ベルマーク集計のために、有給休暇をとらなければいけない親。その分の金ぐらい寄付するから勘弁して欲しい。」

これって、スゴイ経済的には的を射ていると思われるのです。だって、フルタイムで働く人が一日有給休暇を取ると、その対価は低く見積もっても1万円程度でしょう。でも、このチマチマした活動から得られるものっていくらですか?

もちろん、学校設備の充実とか他の学校等への支援とか理念はとても高尚です。しかし、このご時世に親にこんなことまで頼り切る頭がそもそも腐っています。

私は、ベルマーク活動自体を悪いこととは思いません。今後もやれば良いと思います。しかし、そこにやみくもに親を巻き込むものではありません。自分たちの学校をもっと良くして、他の大変な学校も応援する。そのためにベルマークの付いた商品を積極的に選ぶ(どこぞのエコキャップみたいに理念や消費者との約束がズレてないので良いです)けど、ベルマークの集計や送付などは、子どもたち自らが率先して行う。

たしか、自分が子ども頃は自分たちで集計とかしていた気がします。小学校に色んな委員会があって、その中にベルマーク委員会ってのがあって、彼らが頑張っていたと思います。それで良いと思いますし、そうあるべきです。親を巻き込んでいる時点でこの事業は破綻していますし、それを良しと考えている親や学校関係者、教育委員会や自治体関係者は、頭が腐っているとしか思えません。

ベルマーク批判の背景にあるPTA批判を見ながら、そもそもなんか違うんじゃないかなーとか思ったのでありました。