伊勢志摩サミットの酒

私のソーシャル界隈が伊勢志摩サミットの酒でワイワイしていたので、リストしてみました。

5/26 ワーキングランチ
乾杯酒 作 智 純米大吟醸 雫取り
食中酒 酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦

白ワイン シャトーメルシャン北信 シャルドネ2014
赤ワイン ルバイヤート プティヴェルド2012

5/26 ワーキングディナー
乾杯酒 半蔵 純米大吟醸
食中酒 瀧自慢 辛口純米 滝水流 純米酒

白ワイン ヴィラデスト ヴィニュロンズ リザーヴ シャルドネ2014
赤ワイン シャトー・メルシャン 椀子ヴィンヤード オムニス2012
デザートワイン 登美ノーブルドール1990

5/26 夫人昼食会
"清酒"やまとのこころ 微発泡酒
"清酒"やまとのこころ 純米大吟醸酒
シャトー酒折 甲州ドライ2015

土佐の赤かつおと味付け海苔~モルゲンからのプレゼント

久しぶりの日記は、毎朝目覚まし代わりの情報源、東海ラジオ「源石和輝 モルゲン!!」の朝の企画。『朝ごはんのお供』プレゼント。相変わらずの勢いで応募したらありがたいことに当選。
あらあらあら、宝くじが遠のいたかしら…

mesitomo1さて、届いたのはこちら。「土佐の赤かつお」と「土佐の本気の味付け海苔」。テレビで話題になっていたアイテムとか。
今日、夜に帰宅したら不在票が入っていて、ぶらり宅配会社まで取りに行ってきた。
そしたら帰りにワインが4本。以前、参加しているワイン会で小牧のSEIYUには、なぜかコノスルのゲヴェルツがあるという話を聞いて、近所だったので勢いで・・・。

さて、早速中身を開けてみる。

mesitomo4鰹版の食べるラー油みたいな感じ。内容みたらニンニクとか書いてあったので、朝ご飯には出来ず、夕食のお供に。ご飯は福島県産こしひかりの新米。

mesitomo5見た目は鰹とかマグロの味付け缶詰をピリ辛にしたんかなーと思って食べてみたら、やっぱり。。。

うーんヤバイ。飯が進む。そして、同封されていたタイムテーブルには、

mesitomo6とのメッセージ。だったらやらねばならんでしょうってことで、

mesitomo7こうなる。もともとツナ缶とか醤油マヨネーズで食べることもあったから、それと同じと言っても過言では無いはず。当然旨い。

あとは、味付け海苔もなかなか工夫がされていて、一緒に食べても良し、海苔だけ単体で食べても良し。

そんな感じであっという間に1杯空に。ごちそうさまでした。
ただ、心なしかニオイが気になるアイテムなので、晩ご飯のおかずとか酒のつまみにします。

名古屋で山梨のワインを呑む11月

11月3日から、千種駅近くのD’s Kitchenで、山梨ワインフェアが開催されている。
名古屋で国産ワインのそれも山梨に特定して集めてのフェアというのはなかなか珍しい。
ことここの店に限っては、その点は当然の話。

以下は、今回集めたワインメニュー。
なかなかな揃いぶり。
今回はそこから、こんなところを呑んでみた。
シャンモリ 完熟甲州 遅摘み
イケダ 巨峰ロゼ
まるき プチ・マルキ・ルージュ
シャトー酒折 マスカットベリーA 樽熟成

シャンモリは甘いどちらかというとデザートワインといってもいいけど、昔ぶどうの丘に行って以来のお気に入りで、以前はワイナリーに名古屋で売ってる酒屋を紹介してもらったほど。
今回は食前酒として。お気に入りとの再会ですな。

他の酒もどれも出来は良く、輸入ワインのそれと比べると好き嫌い意見が分かれるが、不味いという評価になろうものはここには出てこないので、少なくとも安心できる。

アテは、山梨だけに話題のB級グルメのとりもつ煮とか定番ほうとう。ワインに合わせるための若干のアレンジはあるとは思うが、日本酒でもいける味。
これが特別メニュー。煮カツだけはあえて食べたいアイテムでもなかったので、残りの二つを食べた。
とりもつは撮る前に食べ終わってしまったので、ほうとうの写真。
山梨で食べたのと比較しても、違うとは思わない。

マスターと話していて思った話、日本酒もワインも基本的には造られた地の食べ物と合わせることを考えているものなので、日本のワインが日本食に合わないわけがない。というのが持論。
和食にフランスのカベルネ・ソーヴィニヨンをもってこようとか思わないが、甲州とかベリーAなどは全然いけるんじゃないのかと感じる。
ただ、国産にもカベルネとかメルローとか使うワインもあるが、このあたりはいくら日本で育ったからといっても少し違うかなと思わざるを得ない。このあたりは洋食に合わせたい。

ということで、今月は山梨のワインも堪能するそんな月にもなりそうだ。

南知多銘菓 「波まくら」

お盆ってこともあり、たまたま友人とのBBQが内海の魚太郎であったこともあり、帰りがけに豊浜の魚ひろばで穴子の干物と共に購入。

南知多の昔からの銘菓「波まくら」。内海の櫻米軒で作られている。
あればつい食べたくなるので、仕事で半田以南へ行こうものなら、たいてい買っている。

粒あんを米粉の生せんべいで包んだというシンプルな菓子であるのだが、実に飽きの来ない逸品。

そして今宵も、一箱開けてしまった。。。リバウンド、恐るべし…。

ステーション・ウォーク(駅間散歩)のススメ

ステーション・ウォークというのが、ここ最近のマイトレンドになっている。
減量のためにウォーキングを始め、その記録のために歩数計を買ったというのだが、そうなると今度は一日の目標歩数とか見て、足りないときは穴埋めしてしまいたくなる。もとから歩くこと自体嫌いではない(放浪癖な輩である)ので、そこに火がつく。

そこで意識してやっているのが、「ステーション・ウォーク」。いつも電車で通っている区間を歩いてみようというもの。
ちなみに、春日井に自宅があって、千種で乗り換え、久屋大通の会社に通う自分にとっては、日常コースは次の通りになる。
1ステーション 久屋大通-栄
2ステーション 久屋大通-(栄or高岳)-新栄町
3ステーション 久屋大通-(栄+新栄町or高岳+車道)-千種
4ステーション 久屋大通-高岳-車道-(千種)-大曽根

たいていは通勤の関係で2ステーションになるのだが、時間と気候を見て3ステーションをやっている。
そして、先日4ステーションまでクリアした。

とはいえ、ただ黙々と歩いているだけでは耐えられないので、音楽を聴きながらとか色々街をながめながらとか、そこそこ楽しむことは忘れない。これが長く続ける秘訣。
そして、無理したりとか義務とかノルマとかに考えない。あくまでも楽しむ。

とはいえ、いつも歩いてるのが21時22時とかだから、やもすると危ない夜道にノミネート。もっと多くの人が歩き出して、街が賑やかになれば、それはそれで治安にも街の活性化にもつながる。と期待はするがなぁ。

それはそれとして、いずれ春日井まで歩くか?
多分休日の昼間なら、新守山で終わるな…。そこにビール工場があるから…ってォィ

シャブリばかり…

昨日は、「酒のうかい」にて月例のワイン会。先月、世界のワインを楽しむ会に参加した折、スタッフの方に熱烈に誘われたのがきっかけ。

今回のテーマはシャブリばかり4種類。ただ、割と手頃なものばかり。
○パトリック・ピウズ プティ・シャブリ 2010
今回出た中ではもっとも軽やか。キンキンに冷やしてサクッと飲む一本にはいい。味は軽めでおとなしめ。
△アントワーヌ・シャトレ シャブリ・ブラックラベル 2009
割と旨味は感じるものの、どこかしら微妙な感じ。
◎シモネ・フェブル・シャブリ 2009
今回飲んだ中で一番バランス良く感じた。
○ルイ・ラトゥール シャブリ・ラ・シャンフルールン 2009
もっともまろやかではあったものの、印象がな~。

シャブリには牡蠣が合うとは言うけれど、どうして合うのかいまいち良く分かってない。
ていうか、試してない。そのうち味見のつまみが塩になりそう…って、日本酒じゃない。

スーパードライ エクストラコールド BAR@名古屋に行ってきた

今日、ついに名古屋にオープンしたというアサヒスーパードライ「エクストラコールド BAR」に行ってきた。
氷点下に冷えた生ビールというやつを試してみたかった。ただそれだけ。

オープン初日だけあって、21:30過ぎなのにまだ30分待ちの行列。
ビールを飲むために行列するってのもどうかしてるけど、待った分だけ旨いとはおもうので…。
ちなみに、待ってる最中同じ一人客の近所のオッちゃんと意気投合(したかどうかはさだかじゃないが…)状態になったということで、そのまま一緒にカウンター席へなだれ込んだ。

こちらがカウンターに設置されているビアサーバー。横には、現時点の温度が表示されそれはスマートフォンアプリとかにも配信されたり、店頭に表示されていたりする。
ちなみに、白いのは霜の塊。そして写っているバーテンさんは銀座店の副店長で、オープンの応援に名古屋入り。

さて、待ちに待ったスーパードライだけど、普段の居酒屋とかで飲むよりもまろやか。氷点下の冷たいという部分印象はあまり感じないのが微妙なところだけど、一度は飲んでみる価値はあるかもしれないね。

じつは写真のビールは2杯目。2杯目になると自分で注ぐことができて、それをするとグラス下にあるようなカードをもらえる。
昔、実家にいた頃は散々ぱらビールも注いで、キリンのドラフトマスターでもあったけど、久々に触ったビアサーバーは泡とビールが別れて出てくる二口式。時代は楽になったもんだなぁと感動。

何度も行きたいかといわれると微妙かもしれないけど、一度はネタに行ってみてもいいのかなと思う。
もっとも、ビールの味自体は、スーパードライだと副原料が多いので、麦とホップで造る純粋なビールと比べると細かい雑味は感じるわけで。
それ以上に生ビールに限っては、サーバーメンテナンスと炭酸ガスの圧力管理が出来てないと、飲めたもんじゃないので要注意。

ロッテリアの「ふるふるクラッシュアイス」は手抜きだと思う


先日、外回りの帰り、あまりに暑かったのでクールダウンすべくロッテリアに寄って「ふるふるクラッシュアイス」を食べてきた。

店頭POPを見ると確実に旨そうな予感はしていて迷わず注文してみたのだが、店員から「氷大きめですが良いですか?」と聞かれ、
変わったこと言うなぁと思いながら、まぁいいやと出てくるのを待った。

出てきてみて、パッと見旨そうなきがしていたのだが、スプーンを差し込んでさくっと裏切られた。
ソースとトッピングは良し。問題は、氷だ。写真に写ってる塊、トッピングじゃなくてみんな氷だ。
明らかにドリンクに使う氷じゃねーか。たしかに大きめと言われた意味が分かった。

はっきり言って、氷が大きすぎる。もう一砕きすればまだ良いものの、大きすぎて、バリボリ氷を砕きながら食べる代物だった。

まぁ、たしかに冷えたが…。
ちなみにロッテリアのこれが230円。ミニストップに行ってハロハロを食べると270円。あきらかに満足度はミニストップに軍配。

いつぞやのハンバーガーみたく返品キャンペーンやってたら、これ確実に返していたと思う。

世界のワインを楽しむ会@春日井

年に1回、地元の行きつけの酒屋である「酒のうかい」が開催するワインの試飲会「世界のワインを楽しむ会」に数年ぶりに行ってきた。

数年前に行って以来、ボランティアの当番日と重なって、行けなかったのだが、今回は当番を休むつもりで参加。(実際には天気の都合で休みになったわけで…)

会場は、毎年六軒屋の公民館。さすがに試飲会とはいえ、数十種類あるので、バスで現地入り。

今回はちょっと早めに着いたせいか、まだ参加者もまばら。
さて、今回はプチワインセミナーで、フランス ローヌのワインの試飲とレクチャー。

そもそもフランス行ったこともなく、「ローヌ?どこ?」ってのが正直なところ。
あとは、そんなに詳しくもなく、旨いと思った白ワインは3,000円ぐらいのもの。

そちてこちらが今回のお目当ての国産ワイン。今回印象的だったのが大分の安心院ワイン。あの焼酎「いいちこ」を造っているメーカー。案外良い味をしていた。赤ワインの方がよかったかな。

最終的に気に入ったワインというのがこんなあたり。
・スパークリング甲州2010(甲州/シャトー勝沼)
・氷花の舞(ナイアガラ/信濃ワイン)
・勝沼シュル・リー2009(甲州/シャトー勝沼)
・樽熟(カベルネ・ソーヴィニヨン/盛田甲州ワイナリー)
・安心院ワイン(三和酒類)
・菱山ブラック・クィーン2009(ブラック・クィーン/シャトー勝沼)
・ロロン・エ・フィス シャルドネ2009(シャルドネ/フランス)
・ロロン・エ・フィス ピノ・ノワール2009(ピノ・ノワール/フランス)
・シャトープルトウ・キュヴェ・エリアンヌ2008(メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン/フランス)
・フィキモリ2010(ネグロアマーロ/イタリア)
・ブリッコ・フル・ソーレ・シラー2009(シラー(オーガニック)/イタリア)
・テッラ・ダリージ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2007(モンテプルチアーノ/イタリア)
・ティーキン・エステート シラーズ2009(シラー/オーストラリア)
・ヴィオニエ・ド・ラディッシュ 2009(ヴィオニエ/フランス)
・コート・デュ・ローヌ・ベルルージュ(グルナッシュ、シラー/フランス)

ANTIQUEのモーニングに行ってきた

天使のチョコリングとかとろなまドーナツとかで話題のANTIQUEに行ってモーニングを食べて来た。
mixi情報とかだと午前9時過ぎあたりから混み出すというので9時ぐらいに行ってきた。

10種類前後のパンとドリンク(コーヒー、紅茶、オレンジジュース、アップルジュース かな)が食べ放題・飲み放題で680円。

チョコリングが出てくるのこないのって話もあったんだけど、自分がいた時には出てくる気配は無かった。
どうもその日焼いたパンが出てくるのではなく、昨日の残りのパンが出てくるのかなといった印象だった。

味は悪くはないのだけど、チョコリング狙いなら素直にチョコリングを買ってきた方がいいんじゃないのかなと思った次第。