auピタットプランにする前に&フラットプランも考えてみては?

カケホとデジラが出た当時、喜び勇んで乗り換えた私ですが、今回のauピタットプランは、少々微妙な印象に様子をうかがっています。

電話とデータ通信が一体化されたこと自体は非常に評価されるべきことなんですが、Webサイト上の説明が非常に分かりづらい。
そこで、現時点で考慮しておくべき事項について、覚書の酔えに記載しておこうと思います。

まず、自分がプラン変更で得になるのかどうかは冷製に検討しておくと良いでしょう。
auウェブサイトの説明は非常に不誠実です。正直詐欺紛いといってもいいのか?とすら思います。

料金比較にあたっては、キャンペーン割引とスマートパス割引を除外して検討しましょう。
キャンペーンはAndroid系での新規か同じく機種変更しか相手にされていません。また、スマートパスは固定回線まわり条件が制約に加わります。

さらにスマホを分割割にして毎月割が適用されている人については、これが無効化されてしまいます。

このあたりがauのアナウンスを不誠実としている大きな理由です。

さて、それを踏まえた上でこのプランを見たときの私の印象は、データ通信利用量連動の従量課金制とみました。
一定ラインを超えたら、そのラインでの最安値を提供するという、昨今のネカフェで見かける料金プランです。
私は、この料金プランに乗り換える前には、一度自分の請求内容について、詳しく見返し、その上で変更を検討した方が良いと思います。

 

2017/12加筆の後日談
フラットプランにしました。
分割払(毎月割)が終わって、それまでくっつけていたタブレットの契約も解約した結果、データ量が元の2GBに戻ったわけですが、2年の間に外でのネットの使い方が変わっていたようで、データ量が足りず追加しました。
そのとき、ピタットを検討に入れたのですが、3GBまでならお得なのですが、5GBまでになると、その差20円。それを超えると逆転します。
20円保険で、20GBまでなので、どんな使い方でもいけると考えたら、こちらを選ぶしかありません。実際、5GBを超える使い方が想像ついてません・・・。

iOS10の標準メールアプリでメールの一括削除をする方法

iOS10になって、標準メールアプリからメールの一括削除がなくなりました。iOS9まで便利に使えていた機能なのですが、劣化してくれました。
何か方法はないかと探して見つけた方法がこれ。

  1. [編集]をタップ
  2. 何か1通メールを選択
  3. [移動]をタップしながら、2.で選択したメールの選択を外し、[移動]のタップを離す。
  4. 全メールのフォルダ移動のダイアログが出るので、ゴミ箱を選択。あとは、今までと同じ。

2~3が裏技的なギミック。

仕事のメールとかを携帯アドレスに転送しているので、読むものもあれば、未読スルーで捨てるのもあり、毎日100通とか余裕で超えます。iOS9より面倒にはなりましたが、とりあえずこれで、昔あった連打タップからは解放されます。

auヘビーユーザーの私が、dマガジンとauブックパスを使って感じたこと

dマガジン auブックパス

最近のワイドショー報道で、文春ネタが楽しいせいか、かといって毎週買うのもモッタイナイというか、雑誌なんてしっかり熟読するわけでもないし、、、ということでふと思い出したのが、dマガジン。dアニメは前から契約して見ていたのだけど、あるかなぁと思ってアクセスしてみたら、文春があった。で、月400円。他にも、気になる雑誌、経済誌色々、タウン誌(と言ってもTOKAI WALKER)、CAPAとザッピング読みするに、月400円は安すぎる。気に入ってしまった。

auブックパスも試してみた

auにも類似サービス、auブックパスがあって、2週間無料だから申し込んでみた。

使ってみて2週間、auブックパスが色々と値段の割に使えなさそうな感じがしてきて、結局続けることなく解約した。

それで感じた不満とかとかメモっておく。

  1. アプリで本を選択できない

    新規に本を選択するには、必ずWebサイトへアクセスしなければならない。

    dマガジンがアプリで完結できるのとは対照的。正直ここが面倒くさい。

  2. iOSがアップデートされるとしばらく使えない

    アプリだけでなくWebの方も。なんでだ?と不思議に思うぐらいなのだけど、使えない。1日たたずに使えるようになるからまだマシなのだけど、正直ナンデヤネンと思ってしまう。

  3. 単行本やマンガとか読めるけど、読み放題は古いものだけ

    まぁ、古いのだけとなるのは仕方無いのだけど、雑誌が発刊日にすぐ読めるのとは圧倒的に対照的。

    かといってそんなに良い本がそろっているわけでもなく趣味が合わなきゃちょっと微妙。雑誌の方はdマガジンと拮抗するぐらい良い感じの品揃え

  4. なのにdマガジンより100円超高い

    まぁ、読めるものが多いから仕方無いかもね

  5. いわゆる”エロ本”が読めるのだけど・・・

    隔離ができんのだ。セーフサーチってのがあるにはあるのだけど、確実かつ容易に分離できなきゃ満員電車の中とかで読むのには相当な勇気とか羞恥心を超える必要がある。せめて本棚を分離して欲しい。

 ざっとこんなところかな。ちょいと古いマンガとかが読みたければ、100円ぐらい高いけど、auブックパスの方がメリットはありそう。

だけど、雑誌類での情報収集がメインの目的になるのなら、選択はdマガジンしかない。

高齢者向けWindows10サポート – いついきなり10になっていても良いように-

先日、仕事でお客様(高齢者)のPCサポートをしてきました。
その方というのが、もともとWindows7をご利用頂いていたのですが、
Windowsアップデートとか、アップグレードダイアログに促されるまま、Windows10にしてしまったそう。
私も電話を頂いて、
「いきなり画面が全然変わってしまった」
ということで、最初何が起こったかよく分からなかったのですが、もしやと思い、スタートボタンみたいなところ押したらどうなるかを確認したところ、
「よく使うアプリ」と書いてあるということで、Windows10に上げちゃったなと確信しました。

さて、そこからはともかく往訪しないことには始まりません。なぜなら、

  1. メールソフトが消える(実際はそれまで使っていたWindows Liveメールはちゃんと残ってる)
  2. Internet Explorerが消え失せる(上に同じ)

という状態が発生しているため、インターネットやメールをそこそこ日常的に使われる方なので大問題です。

往訪して、対応したことは、

  • タスクバーやスタートメニュータイルにある不要なアプリやツールのピンを外す(ショートカットの削除?)
  • 日常的に使うアプリをピン留め
  • Windows10対応させないといけないソフト(セキュリティ等)のアップデート
  • 細かい操作性変更に伴うレクチャ(主にスタートメニューまわりと電源操作だけでOK)

でした。そんなにたいした作業ではないのですが、これだけで、一気に解決してくれるのが、Windows10の良いところかもしれません。
これがWindows8なら当分の間PCレッスンを入れないといけなくなるので大問題というわけです。

Aterm WR9500NでChromecastをセッティングするときのポイント

Chromecast年末にdアニメストアをテレビで観ようと思ったら、Chromecastが良さそうだってことを理解して、当初は使えないなとか思っていたこいつを衝動買い。

セッティング自体は上手くいったものの、ところどころ思い通りにいかず、動画再生も安定しなかった。その後、色々確認したところ、致命的な問題に気付いたので、備忘程度に。

Aterm WR9500Nも買った頃は価格.comでも評価の高い製品だったので、持っている人も多いはず。

まず前提の我が家のWi-Fi環境
1. 2.4GHzと5GHzを併用・・・ちなみにメインは5GHz
2. 基本的にSSIDはステルス(来客用にネットワーク分離したブロードキャストしているSSIDもあるけど)

今日分かったこと。概ねこの2点を注意しとけば、何の心配も要らない。
1. Chromecastも一緒に使っているAndroid(ASUS Zenfone5)も2.4GHz帯でしか使えない。
NEXUS7は5GHz帯使えるんだけどなぁ…なんでだろう…。
2. ルーター側は必ずTVモードを有効にする。

動画のストリーミングなんてもともと使う気も無かったから、TVモードは無効化していたのだけど、これを有効にしないと、再生が相当安定しなかったので、ここは重要。

個人情報、盗られるベネッセ、それを利用するジャストシステムの残念な様相

2,070万件の個人情報が漏洩、ベネッセ的には盗まれたと言いたいのだろうが、ここ数年の事故では最大級じゃないかな。前代未聞の規模。相当話題になったジャパネットでも最大66万人(可能性として)、Yahoo!BBが450万人だったから、その規模は想像を絶する。
※追記:SONY系の全世界億単位の漏洩がありました。外部からの攻撃ではありましたが。

そして、運悪くなのか分かっていたのか別として、名簿屋を流れて掴んだのがジャストシステム。自らが提供する競合サービスの勧誘に使いまくっていたようだ。

発覚して面白いことに、市場の評価は両者とも株安になったが、ベネッセが約5%下落に対して、ジャストシステムは約15%とストップ安。今後の影響が大きいのはむしろベネッセなのにこの差とは。

個人情報の漏洩で注意のウエイトは外部からよりも内部からというのは定説中の定説。外部から不正アクセスやウイルスはもちろんあるのだけど、たいてい基本的なネットワークセキュリティやクライアントセキュリティを施しているはずだし、時々Webシステム環境がアホすぎることによる事故はあるけど、よほどケチるとか素人が作らなければ心配は大きくない。作り手にも常識というものがある。

そうなると、内部から悪意を持って持ち出されるか、内部の者が注意散漫で紛失するかの二択になる。そして、あんまりここへの対策が進んでいなかったりするもの事実。
教育からルール、規制、監視など人間的、機械的、規則的?な方策を尽くしているべき。先に挙げた過去の事例ってのも10年前の話。いい加減勉強しろよと感じる。

とりあえず、ベネッセ様のおかげでネットワーク系SIerは情報漏洩対策ソリューションのバブルが訪れることでしょう。私も忙しくなりそう。

さて、話を元に戻して。。。市場がベネッセよりもジャストシステムに対して厳しい評価をした。これは裏返すと、事故を起こしたベネッセも悪いが、おそらく知っていて利用したジャストシステムはもっと悪いという、企業倫理に対する評価がこの差を生んだのだろう。

漏れ聞こえた話では、進研ゼミを叩いてスマイルゼミを売ろうとしたとかしないとか。
普通に考えれば分かる話なんだが、たかだか10年そこそこ頑張ってきたジャストシステムのサービスごときが、40年以上の歴史と実力と変革をもって育ってきた進研ゼミに勝るわけがない。もちろん人間相手なので向き不向きでスマイルゼミが良い場合もあるだろうが、一般的な感覚ではあり得ない。

苦し紛れに競合最大手の個人情報を盗み出し、名簿屋を経由させることで個人情報ロンダリングして入手したんだろうなぁと疑ってしまうあたりが自然かもしれない。

さ、て、ここからは個人情報の専門的な話題。
ベネッセにしてもジャストシステムにしても幸か不幸かプライバシーマーク取得企業。これが何を意味するか。このような問題に対して逃げ隠れが出来ないということ。ベネッセはどう追求していくか、ジャストシステムはどう言い逃れるか。
今回は運が悪いことに、ベネッセに個人情報を提供した個人の方々がベネッセにだけ出したという情報にジャストシステムが引っかかり、足がついた。

ベネッセ的には原因追及と今後の対策、当事者に対する処分と被害者への謝罪対応と数が数だけに面倒なことはこの上なく、おそらく関係部署の眠れない日々が容易に想像ついてご愁傷様と過去の経験から思うばかり。

問題は使っちゃったジャストシステム。こちらはどう出るか実に見物。
個人的にはATOKで大変お世話になっているので、なんとか誠実に頑張って欲しいと心から願うのだが、ここは冷静に様子を見ていることにしようと思う。

auの『カケホとデジラ』を契約する前にやっておきたいこと

カケホとデジラ
先日、ついにauが満を持してというか、後出しの後出しじゃんけんで出してきた電話定額サービスとデータ通信細分料金制『カケホとデジラ』。
BYODでかつ、フュージョンの料金振り分けサービスを使ってきた自分としては、ドコモが発表して以来、いっそドコモにMNPしてやろうかとか画策しつつ、iPhone 5Sの残債の重しと別にauで困ってないじゃんという現実に、いつauは追随するんだと指くわえて眺めていました。

実は、会社の社用携帯のことなど総務な仕事もある関係で、料金見直しというのがしばらく検討事項として続いていた関係で、今回の発表直後から色々と情報を調べていて、概ね活用方向性が見いだせたかなということで、ちょっとまとめてみました。もし、検討中の方は参考にしてもらえるとうれしいです。

  • 申込する前にauお客様センターに電話して確認しよう【これ一番重要】
    電話料金の部分は毎月の明細で分かりますが、実はくせ者なのはデータ通信の方。多分、自分はこれぐらい使ってるだろうなぁ~と思っている通信量はほぼ間違いです。
    今までの7GB定額で、一体どれだけの人がオーバーしたでしょうか。速度制限を受けたでしょうか。
    さて、このデータ通信量、当月分はマイページで確認が出来ます。しかし、過去数ヶ月分とかになると、実はお客様センターに電話しないと答えてもらえません。請求書にも書かれていないのです。(昔は書いてあったような気がしたけど、あれはパケット数だっけ)
    「過去数ヶ月分のデータ通信量を教えて下さい」と言えば、係の人が頑張って電卓をはじいて答えてくれます。私の場合は、1.5G~2.5Gでした。あれ?意外に少ない。たしかに動画とかゲームとかあまりする人ではないのですが、思っている以上に少ないということに気付くはずです。これでプランを検討できます。
  • プラン変えたら戻せないから決断は慎重に(特に電話使わない人たちに告ぐ)
    スマホのZプランはこれになって以降、そのうちなくなります。そして戻せなくなることが想定されます。ほとんど電話せずデータ通信ばかりの人には電話基本料分2,000円近く上がることに気付くべきです。
    もちろん、電話しまくりの人には涙が出るほどウレシい話なのですが…。
    またガラケープランでも、無料通話付きを分け合うようなプランを使っている場合、乗換メリットが無いかもしれない可能性があります。
    そして、050+などのサービスを使っている人も通話料次第では、メリット出て来るかもしれません。
    と書いていてふと思い出した。これ、海外での電話とかはかけ放題に含まれないんだった。海外から電話する機会のある人は、050+解約しちゃだめですよ。要注意です。
  • ガラケーのパケット通信は定額orNOT(ダブル定額とかと組み合わせられなくなります)
    ガラケーユーザーでメール転送など使っている場合、パケット通信量に注意が必要です。電話オンリーまたは電話しまくりパケットしまくりの人は全く悩みませんが、それ以外の人はパケット通信の度合いについて確認しておく必要があります。もしこのプランに移ると、パケット定額無しのプランでは、完全従量課金のため、とんでもないことが起きる恐れがあります。

さて、私の社用携帯の方ではどんな事を考えているか。

スマホ組については、データ通信量を見極めて平均通信量ギリギリぐらいのプランにするのがイイかなと考えています。その上で時々オーバーする月にはデータチャージでやり過ごせるだろうと。もしくはモバイルルータと併用させて回避させるとかでいいかなと思っています。
なかなか細かい容量設定をしてくれているので、これがリーズナブルかなと推察しています。

ガラケー組が結構難しい。電話・パケットMAX組と電話オンリー組は答えが早いのだけど、問題はそれ以外。パケット通信の状況を慎重に見極めないとんでもない選定ミスをしてしまいかねない。また、電話がさほど無ければ、現状のプラン(無料通話月+ダブル定額)維持が良い場合もある。このあたり総務担当者の悩ませどころになりそうです。

ちなみにデータ通信は、MVMOでモバイルルータです。会社の場合は4,000円/月を下回るぐらいでLTEタイプのものを使っています。今、必死になってau契約のルーターの解約剥がしに精を出しています。

ところで、『カケホとデジラ』ってネーミング、酷くダサくないか?と思ったのは気のせいでしょうか。特に「デジラ」。データ自由ライフの略語らしいですが、別に自由じゃ無いけど…と思ったのは気のせいですかね。

ソーシャルネットワークサービスでの節操のない友達作り

今も昔も変わらないのですが、節操なく友達を拡げようとする方々が多いことに、何とも迷惑なことと、面倒なことを感じます。

もともとSNSってのは、リアルのつながりがあるのが前提なサービスと考えております。
しかしながら、
・mixiやFacebookで、なんのリアル接点もないのに、無理やり接点を作り出して友達になりたがる人
・明らかに自分のPRをしたいが目的にフォローしまくるTwitterのフォロースパマー
というケースが、mixiが結構一般に広がったあたりから、急増してきたなぁという心象です。

もっとも、私はリアルのつながりがない人とは、SNSでは友達にならないというのが信条なので、大抵の申請投げつけには、無視を通しています。
一方、頑張ってつながりを演出された方には、丁寧に返事をして辞退している次第です。

でも、世の中居るんですね。自己中な方が。
そうやって丁寧に返信したものをやたらぶっきらぼうに返すんですね。こういうのを見ていると、その方がされているビジネスも同様に非紳士的なのだろうと思ってしまうばかりです。

こういう人とはホントつながりたくないと思ってしまうのです。
そういう私も、投げていることが多いのですが、立つ鳥跡を濁さず、先人の言葉に習い、行動するようには心がけているつもりです。