au iPhone4Sに振り回される日々


10月14日にiPhone4Sが発売開始して、しばらく。正直、ふりまわされる日々が続いている。
もともと、auのガラケーをメインにソフトバンクのiPhone3GSを使っていた。
そして9月頃から次期iPhoneの話題がくすぶり出して、ちょうど3GSの割賦が終了するのと併せて解約した矢先、auのiPhone4Sの発売発表。翌日迷わず予約に行ってきた。
最初は、1ヶ月近く待たされるかと思いきや、発売日の前日に 受け取り可能との連絡で、土曜日に行ってきた。

その後、セットアップから今日に至るまでなにかと振り回される。
メインの電話回線をiPhoneにすることの苦悩と共に…。

10/15 iPhone購入、メール設定の難儀
購入し、アドレス帳の移行までは何ら問題無く完了。意外にすんなり終わった。
唯一課題は、グループ設定で使っていた電話をどうするかだったが、ここは、グループ管理ができるアプリ「GContact」があったのでこれで解決。

問題は、メール。設定案内書に従ってメールを設定しようとするも、「#」が入らないという大問題。もう少しiPhoneのクセを見抜いてルールが作れなかったのかと思うも、ここもクリア。
その後マニュアルを見たら改良されてた。

3Gと○との格闘。
いつからか3Gと記載してあるところが○に変わり出すのに気づいた。
最初の頃、○の意味が無線の電波の何かかと思いつつ、特段気にもしていなかった。
ただ、それが出ると通信が著しく遅くなることが分かったのはそこから1週間過ぎてから。

3G→○=電話が切れる。
仕事で郊外に出たときだが、この回線の切り替えタイミングの時に電話をしていると、電話が切れてしまうことが判明。もう、どうにもならない。微妙なエリアだったから仕方ないかと思うものの、そろそろKDDIがうたい文句にしていた「iPhoneにつながりを」というメッセージに騙されたとすら思い出す。
それ以上に、iPhoneにつながりっていうのが、速さと同義ではないことを思い知らされる。 スマートフォンでのエクスペリエンスはつながりもさることながら、速さも求められる。KDDIの言うところのそれは電話機としてのことだったらしい。それが証明されたようなものだ。
結局この問題は、再起動で落ち着いた。かのように見えた。

不正なSIM→圏外→何しても治らず。
翌日、普通に使えていたかと思いきや、夕方、「不正なSIMです」との表示と共に、電話が使えなくなった。
その後電源を入れ直してもダメ。SIMを入れ直してもダメ。最後は圏外となって戻ってこれなくなった。
この日は、会社あがりと共にau NAGOYAに駆け込むが話はそこから色々…。

au NAGOYAにて。1Fでの格闘開始
au NAGOYAといえば、数少ないauの直営店舗。たまたま職場が近かったのでここに駆け込んだ。ここからの話、おそらく近所の代理店では絶対対応出来ないだろうとすら思う話。

1FでiPhoneの前述の症状を諸々話して初期対応について相談。というか、とりあえず電話だけも復活させないと 仕事にならないのでそこについて相談。
ただ、1Fの担当者はiPhoneに関してはどうにもできないからApple Storeに行けの一点張り。(まぁ、Storeでその場で交換対応なんて想定されていなかったので)修理中の電話をどうするつもりだと半ばキレ状態。こっちとしては、仕事で使うメイン回線なので背に腹は代えられない。相手が姉ちゃんでもお構いなしのタフ交渉に突入。

2Fへ。代替機への切り替え。
営業時間も終わりかけたころ、2階へ案内される。そこで担当者に再度一通り説明して後、すんなり代替機への切り替えが出来た。ICカードの再発行などなど発生はしたわけだが。
ここの担当者に症状について色々話したが、同様のことを窓口レベルでは把握していないらしく、自分が初めてだと。う~ん、ネットには色々情報が転がってんだがナァ。
これで電話は復活。まだ21時前ということで、Apple Storeへ急行。

Apple Storeで予約、そして翌日。
さすがに着いたのが終わりかけで、完全予約制。この日は予約して翌日再訪。
行って説明してスタッフの最初の一言は、「auだけでしか起こらないんだが…」と。
まぁ、ソフトバンクとラインも違うしそこは仕方ないと思いつつ…。けっこう事象は発生しているらしい。ところがauサイドにその情報は展開されていないのだか何だか、auは分かっていないと。直営店舗も同様な感じなので、そういうことを話しつつ、ここからはサクサクッと機器交換。

au NAGOYAに戻り回線切り戻し、そして…Wi2登録トラブル。
交換が終わってau NAGOYAに行き、代替機の返却と回線の切り戻し。なんだかんだいって2枚のICカードがゴミになったこのトラブル…。(汗) ちなみに待たされること1時間。長いねー…。

その後、代替機のリセットが出来ないトラブルが発生し、色々やり取りしている合間に昨日の担当者の人が出てきて今度はWiFiサービスの話。Wi2がキャンペーンで無料で使えるはずが使えない。登録が出来ないのだ。

どれだけがんばっても上のようなエラーが発生する。もしかしたら端末情報がアップデートされていないから?なんて話も思いつき、とりあえず翌日も試すが、変化無し。
これはこれで、ここの会社とやり合うのかね。

まだまだ、悩ましいことは終わらない。

auがホントに先行者(どっかの※※キャノンが出るアレじゃないが)なら色々トラブルも納得するが、後発組なんだからもう少しは検証とかしてからやればいいものをとつくづく思わされる。

今後、こんなトラブルがそこら中で頻発するはずなので、auもある程度はサポートできる体制を整えておくべきじゃないだろうか。Apple Storeに丸投げするにしても、販売者として、回線業者としての対応があまりに無責任すぎると感じざるを得ない。
双方で最終的に対応してくれた各位には感謝するのだが、ここは担当者の責任判断に救われたとしか言いようがない。おそらく巷の販売店に行こうものなら、au NAGOYAの1Fでの対応と同じことが繰り広げられるはずだ。

また、販売責任として、自社回線での利用にまつわる既知の問題について、情報の共有と開示ぐらいすべきだ。売れるほどにトラブルが増えるはずだ。

ちなみに、どこかで拾った裏情報。auの○問題は年内には解決するらしい…。

プジョーのオイル交換

昨年の春にプジョー307に乗り換えてから1年半。あんまり走行距離がなかったのをいいことに、オイル交換せずにいた。というよりもボンネットの開け方をあまり理解しておらず、まともに開けて中を見た。

ディーラーで指定品を変えようかと思いきや、料金がバカにならないので、同じプジョー乗りの友人にどんなものか聞いてみたところ、ジェームスで交換しているということで、自分も行ってみる。

以前のアリオンはディーラーのオイルリザーブでやっていたので、何も考えることもなかったが、今度はなかなか選ぶのは難しい。
それで、言われたのがWAKO’sかRESPO。ここあたりがメーカーの指定規格同等。
最後は値段でRESPOに決定。

こちらが交換した「RESPO S TYPE 10W-40」 。4,500円也。ディーラー指定の半額以下ってところか。
とりあえず、ここで交換したのが24,000km。次回は車検なので、そのときはフィルターも交換か。

交換後しばらく走ってはいるが、今のところ、特段気になることも無い。