スーパードライ エクストラコールド BAR@名古屋に行ってきた

今日、ついに名古屋にオープンしたというアサヒスーパードライ「エクストラコールド BAR」に行ってきた。
氷点下に冷えた生ビールというやつを試してみたかった。ただそれだけ。

オープン初日だけあって、21:30過ぎなのにまだ30分待ちの行列。
ビールを飲むために行列するってのもどうかしてるけど、待った分だけ旨いとはおもうので…。
ちなみに、待ってる最中同じ一人客の近所のオッちゃんと意気投合(したかどうかはさだかじゃないが…)状態になったということで、そのまま一緒にカウンター席へなだれ込んだ。

こちらがカウンターに設置されているビアサーバー。横には、現時点の温度が表示されそれはスマートフォンアプリとかにも配信されたり、店頭に表示されていたりする。
ちなみに、白いのは霜の塊。そして写っているバーテンさんは銀座店の副店長で、オープンの応援に名古屋入り。

さて、待ちに待ったスーパードライだけど、普段の居酒屋とかで飲むよりもまろやか。氷点下の冷たいという部分印象はあまり感じないのが微妙なところだけど、一度は飲んでみる価値はあるかもしれないね。

じつは写真のビールは2杯目。2杯目になると自分で注ぐことができて、それをするとグラス下にあるようなカードをもらえる。
昔、実家にいた頃は散々ぱらビールも注いで、キリンのドラフトマスターでもあったけど、久々に触ったビアサーバーは泡とビールが別れて出てくる二口式。時代は楽になったもんだなぁと感動。

何度も行きたいかといわれると微妙かもしれないけど、一度はネタに行ってみてもいいのかなと思う。
もっとも、ビールの味自体は、スーパードライだと副原料が多いので、麦とホップで造る純粋なビールと比べると細かい雑味は感じるわけで。
それ以上に生ビールに限っては、サーバーメンテナンスと炭酸ガスの圧力管理が出来てないと、飲めたもんじゃないので要注意。

ロッテリアの「ふるふるクラッシュアイス」は手抜きだと思う


先日、外回りの帰り、あまりに暑かったのでクールダウンすべくロッテリアに寄って「ふるふるクラッシュアイス」を食べてきた。

店頭POPを見ると確実に旨そうな予感はしていて迷わず注文してみたのだが、店員から「氷大きめですが良いですか?」と聞かれ、
変わったこと言うなぁと思いながら、まぁいいやと出てくるのを待った。

出てきてみて、パッと見旨そうなきがしていたのだが、スプーンを差し込んでさくっと裏切られた。
ソースとトッピングは良し。問題は、氷だ。写真に写ってる塊、トッピングじゃなくてみんな氷だ。
明らかにドリンクに使う氷じゃねーか。たしかに大きめと言われた意味が分かった。

はっきり言って、氷が大きすぎる。もう一砕きすればまだ良いものの、大きすぎて、バリボリ氷を砕きながら食べる代物だった。

まぁ、たしかに冷えたが…。
ちなみにロッテリアのこれが230円。ミニストップに行ってハロハロを食べると270円。あきらかに満足度はミニストップに軍配。

いつぞやのハンバーガーみたく返品キャンペーンやってたら、これ確実に返していたと思う。

iPad用にタッチペン「Touch Wand」を買う

先日、iPad2を妙なきっかけで買うことになり、2週間ぐらい使っていたところ、やっぱりタッチペンがあった方が良いと、WacomのアプリBamboo Paperを触りながら実感。
Amazonで色々探してみたが、どれもこれも一長一短。で、値段も数百円から3,000円近くするものまで。ちなみにWacomのペンも最高値の方。Wacomもタッチパネルメーカーでもあり、ペンタブレットメーカーだから、そのあたりの勝手を一番分かってるだろうなぁと思えど、3,000円近く出してまで買う気もなく。
その後もAmazonであーでもないこーでもないと言いながら探した結果、辿り着いたのがこの「TouchWand」。評価もそこそこ良く、値段も割と手頃な1,680円。これなら良いかと買ってみた。

で、届いて中身を出した途端、少々の沈黙…

「ハケじゃん」
「しかもハードなハケ」

ハケじゃないものと思い込んでいたせいか、軽くショック。
これで気持ちよく動かせるのか?描けるのか?と少々疑心暗鬼になりながら、使ってみると、これが意外。けっこう軽いタッチで描ける。反応ポイントも悪くない。
使っている感じはハケで払うように。筆だな、ある意味。

超ハードな操作感を期待すると、Wacomのがベターなのかもしれないが、これもなかなか悪くないかもしれない。

とりあえず、モノを探していて、ペン先をしっかり見せたものが無かったので、載せてみた。

世界のワインを楽しむ会@春日井

年に1回、地元の行きつけの酒屋である「酒のうかい」が開催するワインの試飲会「世界のワインを楽しむ会」に数年ぶりに行ってきた。

数年前に行って以来、ボランティアの当番日と重なって、行けなかったのだが、今回は当番を休むつもりで参加。(実際には天気の都合で休みになったわけで…)

会場は、毎年六軒屋の公民館。さすがに試飲会とはいえ、数十種類あるので、バスで現地入り。

今回はちょっと早めに着いたせいか、まだ参加者もまばら。
さて、今回はプチワインセミナーで、フランス ローヌのワインの試飲とレクチャー。

そもそもフランス行ったこともなく、「ローヌ?どこ?」ってのが正直なところ。
あとは、そんなに詳しくもなく、旨いと思った白ワインは3,000円ぐらいのもの。

そちてこちらが今回のお目当ての国産ワイン。今回印象的だったのが大分の安心院ワイン。あの焼酎「いいちこ」を造っているメーカー。案外良い味をしていた。赤ワインの方がよかったかな。

最終的に気に入ったワインというのがこんなあたり。
・スパークリング甲州2010(甲州/シャトー勝沼)
・氷花の舞(ナイアガラ/信濃ワイン)
・勝沼シュル・リー2009(甲州/シャトー勝沼)
・樽熟(カベルネ・ソーヴィニヨン/盛田甲州ワイナリー)
・安心院ワイン(三和酒類)
・菱山ブラック・クィーン2009(ブラック・クィーン/シャトー勝沼)
・ロロン・エ・フィス シャルドネ2009(シャルドネ/フランス)
・ロロン・エ・フィス ピノ・ノワール2009(ピノ・ノワール/フランス)
・シャトープルトウ・キュヴェ・エリアンヌ2008(メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン/フランス)
・フィキモリ2010(ネグロアマーロ/イタリア)
・ブリッコ・フル・ソーレ・シラー2009(シラー(オーガニック)/イタリア)
・テッラ・ダリージ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2007(モンテプルチアーノ/イタリア)
・ティーキン・エステート シラーズ2009(シラー/オーストラリア)
・ヴィオニエ・ド・ラディッシュ 2009(ヴィオニエ/フランス)
・コート・デュ・ローヌ・ベルルージュ(グルナッシュ、シラー/フランス)

iPad2を買いました

20110601-021454.jpg

仕事のこともあってか、個人的な衝動買いというべきか、なんとも言えないが、ついに買ってしまった。

いろいろと研究用途のつもりではあるのだが、おそらくおもちゃになるだろう。
そして会社にいいように使われるだろうと思えてならない。

ひとまず一通り設定は完了したので、これからいろいろ使い込んでいくことにする。

ちなみに、カバーはレッドになった。
昔買ったiPod nano以来のレッド。本革カバーのレッドは、どうもエンジに見えてならない。
nanoのボディのレッドと比べると、あまりスタイリッシュには見えないが、会社の連中とかぶるのもイヤなので、これで良いとする。
個人のライフスタイルにおいては、無難でないことが大切なので、いい選択のはずだ。